副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FX通貨の特徴!トルコリラについて

トルコリラの通貨の特徴

トルコリラは、名前の通りトルコの通貨になります。

最近では、南アフリカランド、ブラジルなどと並んで投資対象としては注目を浴びているのがトルコであり、トルコリラになるのです。

 

 

トルコリラの特徴

トルコリラの特徴として、ひとつにその高い金利を上げられます。

とはいうものの、2008年までは15%を超える金利であったのですが、2009年ころから10%を切るという変動をしています。

 

もちろん、サブプライムローンの影響ということになるのですが、それほどにトルコリラは変動が大きい通貨と言えるのです。

 

またトルコリラは、取引量が比較的少ない通貨になります。

そのため、金利以外の面でも突然の値動きなどがありますので、取引をする際には慎重にならざるを得ないかと思います。

 

また、その取引量の少なさゆえに、FXではあまり見ることができない現象を見ることができるのも、トルコリラ通貨の特徴といえます。

それは週明けなどにおこるもので、「窓」というものです。

終値と次の始値の間に大きな価格差、隙間ができてしまうというものです。

 

この窓は一般的に閉めに行くことが多いといわれ、チャンスでもあるのですが、必ず閉めに行くわけでもないので、判断が難しくなる通貨と言えるでしょう。

また、トルコはユーロ加盟を希望している状態であるとも言えます。

ユーロになってしまったら、トルコリラのような金利は望めないと考えられますので、いまのうちに取引をしておくのもいいのではないでしょうか。

 

トルコリラの長期的な戦略について

トルコリラは長期的な通貨の保有に向いている通貨といえます。トルコリラにはまだまだ高騰する余地を残しており、国自体で設定される政策金利であったり、国の成長率を見ることができるGDPを参考に相場の予想を立てることで、通貨が高騰そしてスワップ金利も大幅に増やすことが可能な通貨となります。

 

トルコリラ政策金利が高く設定をされており、スワップ金利だけでも大きな金額を手に入れることが可能なのです。 例えば持っているポジションが10000通貨あったとします。その時、毎日もらえるスワップ金利は85円もらえる計算になります。これは1年間もらえたとすると、約3万円にもなるのです。このポジションを必要とするには約5万円くらいになるので、利回は150%超を狙える計算となるのです。

 

トルコリラの戦略について

毎日のスワップ金利によりリスク減少させる

ポジションを持つということは、同時に相場変動のリスクを抱え込むことになります。何かの要因で通貨が下がる可能性もありますし、上がる可能性もあります。そういった要因を加味しながら、トレードを行わなければなりません。

 

その相場変動のリスクはもちろんトルコリラも同じです。 ただ、唯一メリットがあるのは、ポジションを持っていれば、日々のスワップ金利があることです。もちろん金利があるおかげで、長期的に利益を得ることができます。そのため、常に利益が出ているので、損失が発生するリスクは最小限になるのです。

 

毎日の貴重な時間を売買に取られない

FXを行う上でほとんどの方は、デイトレードを行っていることでしょう。 デイトレードでは当然ながら毎日売買を行わなければいけず、少なからずこれに時間を取られてしまいます。特に、指標が発表されたり、政策が発表されたりするときは、値動きが激しくなりがちなので、画面に張り付き精神をすり減らすことでしょう。普段仕事を行っている中、相場を見ながら行うのは無理があります。

 

一方でトルコリラでは、長期的な保有だけで利益を得られる可能性が高く、上記のようなわずらわしさを緩和することができます。 必要なのは、経済動向の定期的なチェックと相場感の持ち様だけなのです。

 

経済に関する深い知識が必要

長期的なポジションをとる場合、もちろんトルコの政策であったり経済事情ニュースを詳しく抑えておくことは必須です。 トルコの情勢だけでなく、日本の円安の投げれについても押さえておかなければなりません。高騰を狙うのなら、トルコの経済事情等上向きである必要があります。

 

トルコリラ向けのFX業者を選定する

実際に売買するときには、FX業者を仲介します。この選び方も、トルコリラの売買では重要になります。各業者で設定をされているスワップポイントですが、これが高ければ高いほど収入は増えていきます。まずは業者選びはそこを基準に考えましょ。

 

そして、逆に長期で売りから入る場合は、スワップポイントが低い業者を選ぶべきです。持てば持つほど損をするわけですから、被害は最小限にとどめえておく必要があります。