副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FXスワップ投資をするときに気をつけたいこと

長期的なトレードで特に毎日の相場の状況に左右されにくいスワップ投資ですが、全く何も考えずにトレードするのはあまり良くはありません。それほど手のかかるトレードではないですが、注意点がいくつかあります。

 

まずは、基本となる買いのタイミングです。

いくらスワップ狙いの長期トレードといっても、適当にポジションを持ってしまうと、後々の為替レートの差で損失になってしまうこともあります。

買いのタイミングは過去のデータなどを見て慎重に決断しましょう。

 

 

やはりスワップ投資の基本である金利の動向には、注意しておかなければなりません。

取引通貨の金利差で利益を得るのです、当然金利の動向はチェックしておきましょう。

今、いくら金利が高い通貨であったとしても、このまま高金利が続く保証はありません。

日本も超低金利が続いていますが、利上げされる可能もあります。

金利差が少なくなれば、それだけ利益が少なくなります、大きく変動した時にはトレードの方針を変えなければならない場合もあります。

金利の動向には常に注意を払っておきましょう。

 

為替レートの状況にも注意が必要です。

為替レートが大きく変動してしまい、スワップポイントを貰ってもマイナスになってしまうこともあります。

長期的なトレードなので、日々の小さな変動は関係ありませんが、取引している通貨の大きな流れをつかんでおくことが必要です。

 

証拠金不足でのロスカット(強制決済)は避けましょう。

レバレッジをかけ過ぎて為替の急激な変動でロスカットされてしまっては、スワップの積み重ねよりも損失が大きくなって終わってしまいます。

十分な証拠金で余裕をもった取引を心がけましょう。

 

スワップ投資における長期投資は危険がつきもの

もしスワップ投資を行う際に、長期の運用を考えているようなら、下記の2点について注意が必要です。

まず一つ目には、スワップ投資のシステムを忘れないことです。スワップ投資を行う際に得られるスワップポイントはもともと、各国の通貨間における金利差が生じることによって得られるのです。もし、どちらかの金利が変動してしまった場合は、もちろんスワップポイントにも影響が出ます。

 

例えば、もともと金利が高い通貨の金利が上がったり、金利が低い通貨の金利が下がる分には問題はありません。むしろ多くのスワップポイントを得ることができるでしょう。しかし、その逆のパターンの場合、金利が高い通貨が下がったり、金利が低い通貨が上がったりしたときは、とても危険です。スワップポイントが得られにくくなるどころか、マイナスに転じる可能性すらあるからです。

 

現在、各国から見ても低い金利の円ですが、昔はドルより金利が高い時代というのもありました。昔の人から見たら、今の状況など想像もしなかったでしょう。仮にそうなったときは、スワップポイントは上記に記載した通り、ドル円を買った場合に支払い、ドル円を売った場合に受け取ることができるのです。

 

スワップ投資を長期的に行ってスワップポイントを得ようと考えても、金利の水準が変化によって減収もしくはマイナスになる危険があることをご認識ください。

 

次に二つ目ですが、これはほとんどの方がかけていると思いますが、レバレッジの問題です。このレバレッジとは、取引をした金額に対してかかるものです。例えば、5万円預け1万ドルのドル円の買いポジションを持ち、1年間維持します。その際に受け取れるスワップポイントは、金利水準が変わらなかったとするならば、5万6210円で、スワップポイントだけで手資金が倍以上になる計算になります。

 

しかし、そんなうまい話だけではありません。大きなリスクも伴ってまいります。例えば、5万円で1万ドルのポジションを持つとします。強制的なロスカットについては3円の余裕があります。しかし、この3円というのは、普通ドル円は年間20円近い値幅があることを考慮すると、とてもリスクが高すぎる行為にほかなりません。

 

損失が膨らんできたら、安易な発想で資金を追加、そしてさらに相場が動いてしまい強制ロスカットという流れはいくらでも考えられます。予想はとても困難であり、資金をどこまで追加すればいいのかわからないのが問題なのです。

 

 レバレッジをかけた長期運用に関しては、変動のリスクがスワップポイントによる収益を上回ってしまいます。どうしても長期的にスワップポイントを狙いたい場合は、レバレッジをかなり低めに設定おし、強制ロスカットまで余裕を持つようにしましょう。

 

以上のように、長期的な運用にはこのようなデメリット、危険性があることも頭の中に入れ、リスクヘッジをして運用しましょう。