副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FX業者の一つ!マネースクウェア・ジャパンのトラリピFXについて

当初は富裕層向けのFX業者としてスタートした「マネースクェア・ジャパン」は、その後数ある同業者の中で唯一東証2部上場するという快挙を成し遂げ、現在では特にシステムトレードに特化したFX業者として認識されつつあるようです。

また独自に構築した「M2J FXアカデミア」という投資教育プログラムを、年間100回以上にわたって開催しており、会員はそれを無料で受講でいる仕組みとなっています。

 

こうした様々なサポート体制も「マネースクェア・ジャパン」の評価を押し上げる形となり、それは結果として会員の7割以上が利益を獲得するという結果にもつながっています。

現在そんな「マネースクェア・ジャパン」のメイン商品となっているのた「トラリピ(トラップリピートイフダン)」という自動発注機能です。これは現在特許も申請中となっています。

  

複数のしかけで待つ!「トラップリピートイフダン」とは?

マネースクウェア・ジャパンのトラリピFXが現在提供している外為サービスの取引条件(スプレッド水準や通貨ペア数、初回入金額など)や口座の機能・入出金体系などを紹介します。

 

複数の注文をたった1回で!

通常のトレード方法と異なり、1箇所のみならず複数の仕掛けを置いておくことを可能にしたことによって、一度の注文でこうした様々な条件で勝ちを拾うことができるようになっています。

 

自動的に注文を繰り返してくれるリピート機能

24時間自動設定で利益をとり続けようと考えた場合、どうしても新たな注文を出す時間や、その際の値動きなどがネックになります。

入力作業をしている間に機会を逸してしまう、ということもあるでしょう。

そんなロスを失くすために導入されたのがこの「リピート機能」です。

この機能は自動注文を繰り返すことができるようになっており、そのお蔭でこういったロスを最大限になくすことができるようになりました。

 

事前のストップロスでリスクヘッジ

相場の動きによって、損益が発生しそうなタイミングで出したいのが損切りです。このストップロス注文を、最初の注文時にできるようになっていることで、リスクヘッジを強力にサポートしています。

 

トレーダーの戦略に合わせて様々な使い方ができるこの「トラップリピートイフダン」。是非一度試してみることをおすすめします。

 

トラップリピートイフダンのメリットについて

トラップリピートイフダンのメリットとしては、なんといってもレンジ相場にとにかく強いということでしょう。レンジ相場というのはご存知かと思いますが、同じ値幅の中で行ったり来たりと続く相場のことです。トラップリピートイフダンでは、同じ条件の注文を行われていきますので、レンジ相場で利益を得られる注文条件を設定できるのであれば、レンジ相場が続く限り利益がどんどん貯まっていくのです。

 

そして次に考えられるメリットとしては、トラップリピートイフダンは条件さえ設定してしまえば自動で取引を行ってくれることです。自動で行ってくれるということは、売買のタイミングを見逃すことがないのも魅力ですが、為替に時間を取られすぎず自分の時間を大いに満喫することができるのです。

 

よく短期売買では、チャートに張り付いていてなかなか寝れないであったり、アメリカの経済指標の発表が夜中のことが多いため、それまで起きていなければならない等、普段会社員をしている人にとっては次の日の仕事に影響が出ることもあります。それを回避できてなおかつ利益を得られるのですからやるメリットは十分でしょう。

 

そして初心者の人に特にお勧めしたいメリットとしては、ルールを守ってトレードをできることにあります。初心者が一番陥りやすいミスは、自分のルールを作っているにもかかわらず、それを守らずにトレードをしてしまうことなのです。

 

例えば、ポジションを持っていたとして、それがマイナスに転じていたとします。本来自分のルールとしては、ロスカットしなければならないにも関わらず、過去見た値動きだけを信じてルールを破ってやり続けるとします。これは一番やってはいけないことです。

 

たとえこの場ではマイナスから解消されたとしても、今後それが可能とは限りません。しかし、一度成功体験を得てしまうと、そこから抜け出せなくなってしまい、どんどん自分のルールを破って最終的には取り返しのつかないところまで損失を出してしまう可能性が十分考えられるのです。

 

初心者がトレードから卒業してしまう理由に挙げられるのは、大半が自分のルールを破ってしまい。「きっと上がるきっと上がる」ですとか、もしくはその逆パターンを根拠もなく願い続けて結局は卒業というパターンになるのです。

 

ですので、自分のルールを機械的に守ってくれるトラップリピートイフダンがおすすめなのです。

 

トラップリピートイフダンのデメリットについて

もちろんこの取引についてはいいことばかりではありません。一番デメリットとして挙げれることは、レンジではなく上昇の相場の時は、利益を上げにくいということです。この相場で、トラップリピートイフダンを行ってしまうと、利益より損失のほうが増えてしまいます。

 

特に指標発表後や重大なニュースがあった後というのは、トレンドが発生しやすくなります。その時に損失を出さないためにも、安全策としてその期間はトラップリピートイフダンをしないというのも一つの手段でしょう。