副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FX通貨の特徴!南アフリカランドの動きと考え方!

南アフリカランドの通貨は、以前はマイナーなイメージがあったように思われますが、最近はメジャーな通貨になってきたのではないでしょうか?

南アフリカは鉱物資源に恵まれており、金の産出で1位になっています。

またプラチナ、レアメタル、ダイアモンドの世界的に有名な産地になります。

そのため、資源価格に大きな影響をうける通貨になるのです。

 

 

南アフリカランドの特徴

南アフリカランドの通貨は、資源価格に大きな影響をうける通貨なのですが、とくに金の価格に大きな影響を受けると言えます。

金の産出1位ですので、金の価格が上昇すれば南アフリカランドの通貨も上昇し、下落すればともに下落する方向性といえるのです。

 

また南アフリカランドの通貨は、金利も高いのでスワップ目的での取引も有効な通貨と言えます。

しかし、取引量がかなり少ない市場でもあるのです。その上、南アフリカ自体が発展途上国とも言える状況にあるために経済の不安定さも持ち合わせています。

 

そのため、むやみやたらに取引を増やしてしまうのは危険な通貨と言えるでしょう。

またトレンドも、それほどはっきりとしたトレンドが発生しづらいという点から、あまりデイトレードなどには向かないと言えるかと思います。

 

さらに、スプレッドも比較的高めになりますので、利益を出すのが難しいかもしれません。以上の点から、長期的にポジション数を調整しながらスワップを狙うのに適した通貨と言えるのではないでしょうか。

 

 

南アフリカランドのメリット

金利が高いのでスワップポイントによる安定した利益が見込める

スワップ投資を行う人にとっては当たり前の話にはなりますが、この国は金利がとても高い国となります。そのため、日本円のような金利の低い国の通貨から金利の高い国の通貨を購入することで、そのポジションを持っていれば持っているほど、その金利差から生じる利益を毎日得ることができるのです。

 

しかもさらにいいことに、スワップを得るために必要な証拠金が少なくて済むことも魅力です。少ない証拠金で取引を行えるので、無理をしない取引の仕方もできスワップ利益を得ることが最大の魅力でしょう。

 

南アフリカランドのデメリット

資源国通貨であること

南アフリカランドはいわゆる資源国通貨となります。資源国というのは簡単に言ってしまえば、鉄であったり石炭や石油といった資源を生み出す国のことで、そこの通貨自体を資源国通貨と呼ぶのです。

 

南アフリカ自体は金で有名な資源国であり、これらの資源の変動によって為替も大いに影響をされてしまうのです。また、資源を生み出す国には必ず輸出相手国もあります。その輸出相手の中でも、主要な国々の経済状況もダイレクトに南アフリカランドに影響を与えます。

 

輸出国の経済状況が悪くなれば、資源国から買い取る資源を減らす可能性もあるため、南アフリカの売り上げが減少する可能性があります。その結果為替にも影響を与えることがしょっちゅうありますので、南アフリカ以外の情勢にも注意を向ける必要があるのです。

 

南アフリカランドは値幅が大きい

南アフリカランドはほかの主要な通貨と違い、値幅の変動が大きいことでも有名です。値幅が大きいということは、それだけ利益を得る可能性が高くなる半面、それだけの損失を大きく出す可能性もあり、デメリットでもあるのです。

 

なぜこのような大きな値幅が発生するのか、いろいろと要因がありますが一番大きいのは、通貨自体の流通量が少ないからです。通貨の流通量が少ないということは、その通貨を買うまたは売った時の動きが激しくなるのです。

 

どのこかで大きな買いや売りが発生しただけで、大きな変動を起こすためその流れに便乗して決済をすすめるトレーダーが増えたら、一気にチャートが進行してしまうのです。このように、メリットでもある反面デメリットでもあるので、このようなことをはらんでいる通貨であることは、頭の中に入れておきましょう。

 

スワップ狙いの投資を行う際は

もし南アフリカランドについてスワップ狙い投資を行うなら、急激に為替の変動にも耐えられるくらいのポジションで勝負を行いましょう。上記でも記載をしましたが、急激な値幅が発生する通貨が南アフリカランドです。そのため、すぐポジションがかられるような、高レバレッジでは絶対に取引を行わないようにしましょう。

 

レバレッジで勝負をする際は短期決戦で行わないと、最悪強制ロスカットになりますので注意が必要です。