副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

長期FX投資のスワップ取引はデメリットがある?

FXの投資スタイルの一つにあるのが、スワップになります。
スワップとは、金利の高い国の通貨のポジションを長期的に保持し、その金利スワップで利益を積み重ねていくものになるのです。
上昇トレンドであったり、大きな値動き、値下がりがないものを良いタイミングで購入すると、安定した長期的な利益をだせるということから、日々トレードが難しい投資家などには人気の投資方法といえるのではないでしょうか?
そんな人気のあるFXスワップ投資ですが、デメリットもやはりあります。

パフォーマンスが低い

売買による利益は、波に乗ると本当に大きな利益を出すことができます。
しかし、スワップによる利益はコツコツとしたものなので、一日に何万円という利益をだすには、大きな資金が必要になったりします。
ですので、なかなか難しいと言えます。
どうしてもスキャルピングなどの人の利益を聞くと、もちょっとうらやましくなってしまうかもしれません。

堅実に確実に稼ぎたいという人には良いのですが、1日確実に儲けが出たとしても小額ではなかなか満足が得られない人にとってはあまりお勧めできません。毎日確実に儲けが出ることをメリットもしっくはデメリットと考えるのはその人の価値観次第なのです。

自分がそれをデメリットと感じなければ、その人にとってそのトレードはあっているとも言えますし、そうでなければデメリット、つまりは自分のトレードスタイルとしてはあっていないでしょう。

突然の暴落がある可能性

スワップ投資というのは、キャリートレードと考えても良いかと思います。
金利の通貨で高金利の通貨を運用することで、金利差で利益をだしていくものになります。
そして、こういった場合選ばれる通貨は、大きな価格変動がないものになるのです。
相場に大きな不安材料がない通貨は、スワップ投資にとても向いており、ジワジワと上がっていくときに、少しずつ買い足しながら利益を出すというのは、スワップ投資の極みと言えるでしょう。
しかし、ずっと上がり続けていくということはなく、どこかで調整がはいったりするのです。
その結果、定期的に値段を下げることになり、この価格変動で大きな損をする可能性もあるのです。

選べる選択肢が限られてくる

通常のトレード方法ですと、選択肢とできる通貨対象はたくさんありますが、スワップ投資におていてはそれとイコールではないのです。つまり、通常のトレードで使える通貨が、スワップ投資では適さないもしくは行うたびにマイナスになる可能性があるということです。

例えば、金利の高い国の通貨から金利の低い国の通貨を購入する際に、保有していればしているほどマイナスになります。これでは利益を上げるどころか赤字になりつづけますよね。また、仮にスワップポイントを貰えたとしても、微々たる金額では割にあいません。

上記のように、これだけでもスワップ投資に使える国の通貨が狭まっているのはわかると思いますが、これによる弊害が最大のデメリットであるのです。それは、トレードできる通貨単位が少ないということは、エントリーのタイミングも少なくなるということなのです。メリットについての記事でも記載をしましたが、絶好なエントリーのタイミングは暴落した時が一番良いのです。しかし、なかなか暴落のタイミングはひとつの通貨単位を見ていてもあまりありません。

トレードできる通貨単位が多いということは、自ずとそれらのエントリータイミングも多く現れるということなのです。それが少ないということは、エントリーできずに利益を上げられないところがデメリットなのです。

各国の金利は変動する

勘違いをしている事が多いのですが、各国で設定されている金利は一定ではありません。各国の経済状況によって金利は変動するものなのです。例えば、最近のニュースで言いますと、アメリカの金利が引き上げられたことで有名ですよね。

つまり、現状では金利スワップ投資で貰える状態ではありますが、これが未来永劫貰えるとは限らないのです。しばらく放置をしていたら、いつの間にか赤字になっている可能性もゼロではない部分がデメリットと上げていいでしょう。

レバレッジによるスワップ投資

レバレッジにおけるスワップ投資という条件はありますが、これもデメリットの一つと言えます。レバレッジとはご存知だとは思いますが、元金以上の元手でトレードを行える方法になります。そのため、利益を大幅に、この場合で言うとスワップ投資において毎日大きな利益を得られる反面、リスクつまりはデメリットもあります。

レバレッジをしてしまうと、大きな暴落があった場合にすぐにロスカットにあう場合があります。そして、せっかくスワップ投資において稼いだ金額が無くなり、マイナスになってしまうでしょう。そういった観点から、高レバレッジでのスワップ投資はデメリットと言えます。