副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FXで儲けるために必要なこと!

初めてFXを行う方にとっては、FXで利益を得る仕組みというのはいまいちピンとこないことが多いと思います。最初に想像ができることとしては、「日本円で外国の通貨を買って、ある程度したらその外貨国通貨を売って日本円に戻す」くらいのものでしょう。

私も最初は、その程度の漠然としたイメージしかありませんでした。しかし、そのくらいの知識しかない私でも、今では日々トレードを行えるくらいの経験と知識を習得するまでになりました。

皆さんの不安にはそのように、「これくらいの知識しかなくてもFXはできるのかな」という理由が大きいでしょう。結論から言うとまったく問題はございません。今、FXを行っている人も、昔は経験や知識がゼロの状態から、様々な経験や勉強をし日々努力を重ねているのです。

まずは今回、お伝えさせていただくFXで利益を出すために必要なことをご確認いただき、仕組みを学んでいきましょう。

FXで利益を出す2つの方法

FXを行っていくうえで利益を出すには、今から上げる2点の方法になります。FXトレーダーは、この2点のいずれかで、利益を上げておりますので、まずは自分のトレードスタイルはどちらがあっているのか考えてみましょう。

為替差益

この利益を出す方法は、皆さんが考えている一般的なFXトレードスタイルとなります。簡単に説明をしますと下記の通りとなります。
・1ドル100円のときにドルを購入
・1ドルが101円に円安傾向に
・1ドルが101円の時に円を買い戻し
・1円の利益が出る

こういう流れになる利益の出し方を、「為替差益」といいます。ちなみに、この場合は買いからは言うる場合の利益の出し方です。以前の記事でも記載をしましたが、売りから入る場合は下記のようになります。
・1ドル100円のときにドルを売却
・1ドルが99円に円高傾向に
・1ドルが99円の時にドルの買戻し
・1円の利益が出る

このように為替差益でも、「買い」で利益を上げるのか、「売り」で利益を上げるのか2通り存在するのです。

金利

金利と聞くと、銀行等に預けている金利を想像するのではないでしょうか。普段銀行が設定している金利に関しては、とても低く設定をされており、あまり恩恵を感じないでしょう。しかし、ここでいう金利とは、各国中央銀行が設定している通貨に対する金利のことを指すのです。

それではどのように利益が出るのか見ていきましょう。収入を得る流れを下記に記載をしますので、確認していきましょう。
・トレードを行う通貨にそれぞれ違う金利が設定されている
・自国の通貨で違う通貨を購入する
・1日にそれぞれの金利差を差し引いた日割りの利益が出る
・通貨を持ち続ける限り利益は毎日得られる
このように、通貨を保有しているだけで毎日利益を得ることが可能となるのが、金利をメインにしたトレード方法、「スワップトレード」と呼ばれる方法となります。

いくつかこのトレード方法には注意があるのですが、一番はやり方を間違えると毎日損失が出るということです。毎日利益を出る前提として、「金利の低い国の通貨から金利の高い国の通貨を購入」しなければならないのです。これを逆に、「金利の高い国の通貨から金利の低い国の通貨を購入」した場合は、毎日損失が出てしまうので注意しましょう。

FXにおいて利益を上げるための心構え

利益を上げるための方法を確認したところで、次はFXトレードを行う上で必要な心構えを確認していきましょう。この心構えを持てない人は、早々に市場から退場させられる人が多いので心して内容を見ていきましょう。

自分のルールは絶対順守

これはFXトレーダーの永遠のテーマであり、退場するきっかけとなることです。自分で設定したルールが「利益がいくら出たら確定する」とか「損失がいくら出たら損切りする」だとします。常にこのようなルールを守らなくてはならないのですが、人は段々と欲望が出てくる生き物です。「もう少し利益が出るかも」や「損失がでているけどまた戻るだろう」と損切りをしないことを思っていきます。

これはとても危険な兆候です。自分の決めたルールを守らないで、その時の気分でルールを変えていくと最終的には大きな損失を被ることとなります。市場から退場したほとんどは、この自分のルールを守れずにいたせいなのですから。

これをご覧いただいている方に関してては、そうならないために自分を強く律し、ルールに則ってトレードを行いましょう。

待つこともテクニック

何も常にトレードを行い、ポジションを持っていないといけないことがトレードではありません。むしろその逆で、待つことも利益を上げることにつながります。例えば、何も確信がないのにトレードを行えば、損失を被る可能性が高くなり、「あのときやらなければよかった」と言うような感情に襲われることでしょう。

時が来るまで待つということも大事になりますので、ご注意ください

まとめ

さていかがでしたでしょうか。FXにおいて利益を出すということが、どういうことかおわかりになったことでしょう。基本ではあるのですが、なかなか守るのが難しいのはやはり自分のルールです。常にこのことは頭の中に入れて置き、トレード中も守れているかどうか常に確認をしていき、大きな損失を出さないようにしましょう。