副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

トラップリピートイフダンってどんな取引?

トラップリピートイフダンとは、「トラリピ」とも呼ばれ、FX業者の一つ、マネースクウェア・ジャパン社が提供している、オリジナルの取引注文システムのことです。
トラリピはマネースクウェア・ジャパン社が独自に開発した発注機能となり、平成20年9月12日付けで商標登録されました。

相場に罠を仕掛けて次々と利益確定を狙う!!

常に動いている相場に「ワナを仕掛けるように、繰り返しイフダン注文を出していく」ということから、この名称がつけられたそうです。
トラリピは、トラップトレード(一定の間隔で通常のイフダン(IFD)注文を複数だすこと)を何回も繰り返し自動で注文することができますので、これによって新規注文を再設定するわずらわしさを排除できます。

かつ、自動的に繰り返し同じ注文を出すことが可能になりますので、現在注目が集まっているものとなるでしょう。そして、相場を読む必要がない、自動注文機能、感情に左右されない取引ができるということが、トラリピの特徴になります。

トラリピのメリットとデメリット

トラリピのメリットとして挙げられる点は、

・短期的な値動きが気にならない
・自動化のため手間がかからない
・レンジ相場で威力が発揮できる

という点です。

逆にデメリットとしては、

・スプレッドが高い
・トレンド相場で利益を上げにくい
・含み損を抱えることが多い

というものが挙げられます。スプレッドは高いと言っても米ドル円で2銭なので、それほど気にしなくても良いでしょう。一番気をつけておきたいところはトレンド相場ではあまりこの注文方法が機能しないということ。いち早くレンジ相場か、トレンド相場なのかを見極めなければ、損失が出てしまうことになります。

ただし、相場の方向性にトレンドが発生しているかどうかを適切に判断できれば、高い確率で利益を出せるようになります。


実際トラップリピートイフダンと言うものを掘り下げよう

上記にも書かせていただいただけでは、なかなかトラップリピートイフダンについて想像ができない方もいるかと思います。ここで少しこの言葉を分解して例を出させていただきます。イフダンとは簡単に言ってしまえば、「もし○○になったら○○して、○○ならば○○をしてください」と言うことなのです。では、この「○○」の箇所にドル円を想定して文字を当てはめていきます。
「もしドル円が101円になったら買い注文をして、102円ならば売り注文をしてください」と同時に二つの注文を指定できる方法なのです。どうでしょうか?わかりましたでしょうか。

次にトラップリピートとは、常に上へ下へと動く為替の相場に対して、ある一定の場所で「ワナ=トラップ」を仕掛けてその変動に沿って「繰り返し=リピート」を行っていくことなのです。

では、上記の内容を複合して一つ具体的な例を扱って見たいと思います。
ここに100円から102円のレンジ相場があるとします。当然この相場はレンジなので100円から102円を行き来するわけです。そこにイフダンの注文で

「もしドル円が101円から50銭下がったら買い注文をして、利益が1000円になったら売り注文をしてください」

という注文をします。しかし、これは一本の売買でしかありません。今はレンジ相場なので落ちれば必ず上がる相場です。下がったら同じように注文を入れなければ利益は得られません。
そこで「トラップリピード」の本領発揮となります。具体的には上記の注文を下記のようにすることができます。

「もしドル円が101円から50銭円づつ下がったら買い注文をして、利益が1000円になったら売り注文をしてください」

どこが変わったかわかりますよね。そう、101円を起点に50銭づつ下がったら同じような注文を一気にすることができるのが「トラップリピード」なのです。


詳しくメリットを分析していこう①

標記でもあげさせていただきましたが、なんといってもレンジ相場にめっぽう強いということです。レンジ相場というのは例えばドル円を使ってみましょう。ある期間のチャートを見たときに100円から102円の狭い幅をいったりきたりしているチャートがあるとします。その際は、100円から102円の幅をレンジの相場と言います。この期間の時は、ほとんどの確率でこのレンジの中にチャートが収まることになります。

では、本題のメリットについて記載していきます。すでに記載をしましたが、トラップリピートとは既に記載させていただいた通り、同じような条件の注文を一気に行うことができるのです。
つまり、レンジ相場をしっかりと見極めることができれば、勝手に注文が行われ、勝手に利益を得られることができるのがメリットになります。

詳しくメリットを分析していこう②

続いてのメリットは何と言っても時間を有効活用できることが大きいです。注文は一度行っておけば後はシステムが勝手に運用を行ってくれます。と言うことは、煩わしいエントリーのタイミングであったり、決済のタイミングに時間を費やす必要が無く、自分の時間に当てることができるのです。

FXをやったことがある人ならわかると思いますが、エントリーや決済のとき時間がかかったり、またはドキドキして他のことに手がつかなくなることがあると思います。そういう煩わしいことをすべて無くせる、自分の有意義な時間を確保できることがメリットになります。