副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FXには失敗や破産をしないための低リスク運用方法について

あなたはFXという為替取引についてどのような印象を持たれておりますか?あまりFX
を知らない人は、博打や運頼りのパチンコやスロットと違わないものだろうと良くいいます。本当にそうでしょうか?やり方によっては確かにFXは博打になります。しかし、この方法での運用については、本来の運用方法では決してありません。そこで今回は売買をする際にどのようにしたら、低リスクで運用が可能なのかをお話しします。

 FXで失敗や破産する人は兆候がある?

それでは早速見ていきたいと思います。まずは低リスクの運用方法をお話しする際に、どのようなことをしたら失敗や破産しやすいかをお話ししたいと思います。失敗から学ばなければ過去の失敗者と同じ過ちをしてしまう可能性もありますので、まずは過去の失敗事例を共有するところから始めていきましょう。今回ここでお話をいたしますのは、失敗や破産のあくまで一部の事例になります。他にも色々なパターンの失敗事例はありますが、代表事例を今回お話をいたしますのでよろしくお願いいたします。

そもそもなんで破産や失敗する人が後を立たないのか?

あなたはFXをやっている人がなんで、破産や失敗をしてしまうのか考えたことはありますか?巷ではFXについては、必ず失敗するから手は出さないほうがいいという認識になっているのはなぜでしょうか?それは実際にFXで失敗や破産をしている人がいるからなのです。しかもその人数はかなりのものになっておるため、巷ではこのような認識になってしまっているのです。

このFXにおいて破産や失敗をする人は、ほとんどの場合に置いて共通点がある人たちが多くおります。この後の項目で詳しくはお話をさせていただきますが、そのような共通点を抱えている人たちは遅かれ早かれそのようになる運命にあるのです。FXの世界は決して破産や失敗をする可能性がある共通点を持っている人が、生き残れるほど生易しいものではないのです。ですのでこの記事をご覧になっているあなたは、そのようなことにならないようその共通点を反面教師にしていただき、今後のFX生活を送っていただければ幸いです。

FXで破産や失敗する共通点

それでは早速、破産や失敗をしやすい共通点を見ていきましょう。その共通点というのは、
① 自分の考えた取引のルールを守れない
② FXに関する勉強不足
③ 心の中でFXは博打と考えている

今あげた3点いずれかでも当てはまる人は、今後破産や失敗をする可能性が非常に高いと断言できます。まず一つずつ見ていきましょう。一つ目の「自分の考えた取引のルールを守れない」については、主に取引の決済の時を指します。どのトレーダーも自分の中で取引における自分ルールを守っています。そもそもこのルールなしに取引を行なっているようなら、それは問題外でありすぐにでもルールを作るべきです。

ルールがない人は短期的には利益を上げれる可能性はあれど、長期的に見たら生き残れる可能性はゼロに等しくなります。ではそのルールなのですがなぜ設けられているかというと、損失を最低限に、そして利益を最大限に上げるために設けております。それなのにも関わらず、自分のルールに従わず、本来はここで利益確定を行わなければならないのに、根拠のない憶測でもう少し上がるだろうと利益確定をせず一気に暴落することなど結構あります。これではせっかくの利益が少なくなってしまいます。

またその逆パターンとして、損失が出ていて尚且つ自分のルールではもう損切りをしなければならないところを同じ根拠のない理由でもう少し値は戻ると思い込み、結果とんでもない損失を出してしまうことなどFXの退場者ではざらにおります。

また二つ目としては、FXについて勉強をしていないことです。確かにシステム上はボタン一つで簡単にお金を稼ぐことが可能ではあります。だからと言って何も勉強せずに行なって利益を上げ続けられるほど、FXというものは甘くはありません。

そもそも勉強をしなければ、相場の流れも読むことはできませんし、根本的なこととしてポジションを持つタイミングもわからないはずなのです。それなのにポジションを持っているということは、この後もお話をしますが博打感覚で行なっているのか何となくでやっているほかありません。そのためこのような方は注意が必要です。

最後に「心の中でFXは博打と考えている」ですが、先ほどもお話をしましたがFXにそんな要素は全くありません。FXにおいてポジションを持つということは、何かしらそのポジションを持つに至る根拠がなければなりません。それがなければ、仮にそのポジションが失敗だった時の反省点にできずに次のトレードに活かすことができません。もしこのように思っているのなら、即刻その気持ちは捨てなければFXを継続して行うことは困難でしょう。

FXで失敗や破産しないためにはこれだ!

色々と厳しい話をさせていただきましたが、これらは全てFXで失敗や破産している人の共通点なのです。この現実を受け入れてFXに当たらなければ、先人達と同じ末路を辿ることになります。

それではどのように、破産や失敗をしないようにするのかというと、上記であげたことを絶対にしないということです。全て理論的に行うには何かしらの根拠を見つけて行うことです。

やってはいけないことは他にもたくさんありますが、今後FXができなくなってしまう原因になる注意点は今あげたものがほとんどなので、これさえ守れば破産するような目には合いませんので、どうかこの内容は忘れないようにしてください。

FXのリスクを限りなくゼロへ!低リスクな取引方法ご紹介

それではここからはあなたが一番知りたいであろう、低リスクな取引方法についてご紹介していきます。低リスクということはもちろんロウリターンではありますが、ハイリターンを得るには当然ハイリスクも伴うので、確実にFXを今後していきたいのであれば今からお話する方法を是非とも参考にしてみてください。どうしてもハイリスクを得たいとう人は、当然ハイリスクになりますのでそれなりの覚悟が必要ですので注意してください。

低リスク取引にはこの4つを必ず厳守!

それでは今から低リスクに取引をする方法を4つ記載をします。まずは見てみましょう。
①ルールは変えない
②運は実力ではない
④ 生活費にはてを出さない
⑤ 高レバレッジ取引をしない
まず①と②についてはすでに上記でお話をしておりますが、自分で決めたルールは必ず守り抜きましょう。ほとんどの失敗や破産した人たちが行な得なかったことなので、あなたがそれを守れないでFXを続けられるとは必ずしも言えません。また、うんは実力ではないですが、確かに運で利益を上げることはできます。しかし、運という言葉を使っている時点でそれは博打ですよね。博打というのは勝てることもあれば負けることもあるのがそうですよね。それもかなりの額を。ですのでこれは考えてはいけません。

そして生活費には手を出すのがいけない理由は、そこに手を出したら際限なく使い生活が困難になる可能性があるからです。少しだけ少しだけということが積もりにつもり、最終的には消費者金融にも手を出すというのは、よく聞く話です。利益を上げて返済すればいいやという考えは、ギャンブラーと同じなのでその考えは気を付けてください。

そして最後に気をつけて欲しいのは、高レバレッジで取引を絶対にしないことです。レバレッジとは簡単に言えば、手元にある金額以上の額を取引に使えるということです。このレバレッジが高ければ高いほど大きな金額を動かせるのですが、それは逆に言えば大きなリスク、大きな損失を出すということと同義です。特に高いレバレッジというものは強制ロスカットにあいやすいので、低リスクにトレードを行いたいのであれば、絶対にこうレバレッジには手を出さないことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?間違えないで欲しいことは、いかに低リスクでトレードができることといえど、ゼロリスクではないので少なからず失敗や損失を出すことはあるはずです。しかし、高リスクトレードと違い、その失敗や損失で破産するということにはなり得ません。ですのでこのやり方さえ守れるのであれば、どんどん取引を行ってまずは自分の実力を磨くようにしましょう。