ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

FXトレード初心者に絶対的人気な米ドル円が選ばれる理由を徹底解説!

FXトレード初心者の悩み事の一つに、通貨ペアの選択があります。

 

通貨ペアはFX業者によって、扱っているラインナップは違いますが、多種多様なものがあり、どれを選んで良いかわかりませんよね?

 

どうせ通貨ペアを選ぶのであれば、勝ちやすい通貨ペアを選びたいと思うFXトレード初心者も多いと思うはず。

 

今回この記事では、初心者が利益を上げやすい「ドル円」の通貨ペアについて、詳しくご紹介します。

 

何故、初心者FXトレーダーに支持されているのか、詳しく触れていきますので、もし魅力に感じるのであれば、是非、米ドル円からFXトレードを初めてみてはいかがでしょうか?

 

通貨ペアについてよくわからない人は、下記を参照してみてください。

damedamefx.hatenablog.com

 

 

 

米ドルの特徴

f:id:shimotenman:20190130193318j:plain

米ドルは当然ですが、世界の基軸となる通貨(流通量が最も多い)です。

 

そのため、アメリカで行われる様々な指標は、為替マーケットに大きな影響力(米ドル等に)をもちます。

 

米ドルの動き次第では、各通貨ペアに絶大な影響を与えることになるのです。

 

 

しかし以前と比べてみると、サブプライム以降は昔ほど強い米ドルと言うわけではなくなっております。

 

また米ドルの特徴の一つとして、金とのかかわりを上げることができます。

 

基本的に米ドルは、金の価格と逆に動くという特徴があり、またそれは歴史的にもずっと続いているのです。

 

金価格が上昇するとき、米ドルは下落をし、金が下落をするときは米ドルが上昇するという事になります。

 

 

他の特徴としては、米ドル円は日本人から親しまれていることですね。

 

長期的な取引、短期の取引、どちらにしても比較的取引が行いやすいペアと考えてよいかと思います。

 

しかし、ドル円は一時的なトレンドは形成するが、その後レンジ相場になりやすいです。

 

そのため、スイングで取引をするよりかは、デイトレードでの取引の方がより扱いやすいと言えるかもしれません。

 

米ドル通貨のメリット

f:id:shimotenman:20190130193329j:plain

米ドルは流通量が非常に多い

米ドルについては世界で一番流通している量が多い通貨です。

 

そのためマイナーな通貨によくある急激な値動きがなく、安定した資産運用ができることが魅力になります。

 

米ドルを国の通貨として採用している国も多く、安定した取引を行えるのです。

 

米ドルは値動きが非常に安定している

米ドルについてはどの通貨よりも安定的な運用が可能です。

 

流通量が非常に多いので、少し売ったり買ったりしただけでは、チャートには全く影響は無いですし、強制ロスカットになる可能性も低くなります。

 

急激な上げ幅も下げ幅もなく利益を上げにくく感じると思いますが、それ以上に損をする可能性も低くなるので、デメリットよりメリットのほうが上回っております。

 

経済指標や要人発言は対米ドルのトレンドを作るきっかけに

基本的に、米ドルの値動きはあまり過激になりませんが、例外で激しい値動きをするときがあります。

 

それはアメリカの経済指標発表や要人の発言です。

 

これらの情報は、米ドルに良いニュース、悪いニュースであろうと、チャートに現れます。

 

こういった点でも、トレードのタイミングも掴みやすく初心者FXトレーダーが最初に扱う通貨としては、オススメの理由になります。

 

米ドル通貨のデメリット

f:id:shimotenman:20190130193343j:plain

米ドルはスワップ取引にはあまり向かない通貨

個人FXトレーダーは短期トレードか、中長期トレードのいずれかを選択します。

 

その中でも、中長期FXトレードを主体にする人は、ポジションを持つだけで利益を得られる、スワップ取引目当ての人が多いです。

 

スワップ取引とは、金利が低い国から金利の高い国の通貨を購入することで、その金利差から利益を得ることができます。

 

しかし、米ドルというのは金利の引き上げがありましたが、それでもまだまだ金利が低い国です。

 

つまり、米ドルはあまりスワップ取引には向かないってことです。

 

米ドルに関しては、短期もしくは中期において売買することを推奨する通貨でありましょう。

 

世界情勢に最も影響を受けやすいのは米ドル

アメリカという国は、世界の警察の役割も担ってます。

 

つまり、あらゆる国のトラブルであったり紛争に絡むことが多分にあります。

 

そうなるとテロであったり戦闘に巻き込まれやすくなります。

 

仮に、アメリカをターゲットでなくても、リスク回避のためにアメリカドルが売られ、一時的に大幅な下落を導く可能性があります。

 

FXトレードをしていると、全く関係ない紛争やテロでも、米ドルが下がることありますよね?

 

このように予期せぬ出来事に対しても、過敏に反応をすることが多々あり、テクニカル分析に頼り切ると、対応しきれないようなことがあります。

 

 

FXトレードにおける米ドル円の歴史と特徴は?

f:id:shimotenman:20190130193355j:plain

ドル円の歴史とは?

近年の米ドル円の歴史は、戦後日本まで遡ります。

 

日本は戦後サンフランシスコ講和条約なんとか戦後社会に復帰し、固定相場を行なっておりました。

 

ですがその後、先進主要国との関係の中で、急激に円高方向に進むこととなります。

バブル崩壊後の90年代以降は、デフレ状況に突入することとなり、貿易黒字とともに大幅な円高時代を迎え、相場の上下を繰り返します。

 

しかし、リーマンショック後の2011年東日本大震災直後、急激な円高のピークをつけることとなり史上最高の75円台まで円高が加速する結果となりました。

デフレ対策で日銀では、2回の量的質的金融緩和策が功を奏し、すでにリーマンショック前程度まで円高が是正され、今日に至っているのです。

 

ドル円取引の特徴とは?

この米ドル円は、米国の債券金利に影響を受け、時間帯によっては値動きが変化します。

朝9時から午後3時までの東京タイムは、日経平均株価との連動性がきわめて高く日経平均が上がると、ドル円もシンクロして上昇することが殆どです。


ドル円が上がることで株もあがるという相乗効果もあり、どちらが先かわからないような動きをすることも多く見られるのです。

ニューヨーク時間では、米国の10年債ものの利回りとの連動感が一段と高まる傾向があり、東京時間とロンドン以降の時間帯では同じ材料でも、相場のセンチメントが変化することが多くなるのが特徴といえます。

 

時間帯によって値動きが変わるのが米ドル円の特徴

ドル円は、時間帯によっては全然違う値動きをします。

 

東京の時間が終わったら欧州時間が始まりますが、傾向的に東京時間の否定から入ることが多くあります。

 

その後に控えるアメリカのニューヨーク時間では、経済指標等が頻繁に発表されるので、その発表内容によっては、一時的に荒い値動きが予想されます。

 

それぞれの時間帯で、見なければ行けないポイントや流れがあることを覚えて起きましょう。

 

米ドルが理解できればFXトレードもわかる

流通量がその国の名目資産規模を大きく超えたれば、その通貨価値は下がっていきます。

 

通貨と言う商品の流通量が増えれば、価値は低くなるのは当然のことですね。

 

米ドルの価値が下落した場合、買われる主要通貨は日本円が対象になります。

 

日本の赤字国債が問題視されますが、収支で考えれば問題はありません

 

長期的に見れば円の価値が上がり、円高になる可能性が大きいのです。

 

 

FX初心者に向いている通貨ペアは米ドル円

f:id:shimotenman:20190130193416j:plain

FX初心者にとって米ドル円が取引しやすい3つの理由とは?

ドル円が初心者にとって扱いやすい通貨なのは、日本人が普段使っているのが日本円だからと言う理由もありますが、1つ目として「値動きが小さいから」と言う理由が上げられます。

 

米ドルと円は世界を代表する通貨で、世界の取引総量はユーロとドルに続き第2位の通貨ペアです。

 

そのため、一部の投資家による思惑だけでは、資金が足りずに大きな値動きを意図的に演出することができません。

 

ドル円の特徴にとして、「値動きが小さいために利益と損益が出にくい」が挙げられます。

 

値動きが小さいため、どうしても短い取引では大きな利益を上げる事が難しくなります。

 

しかし、反対に思った方向と逆方向へと相場が動いた場合大きな損失を出さないで済むメリットもあります。

 

2つ目の理由として、「一時的な急激に偏った動きが出にくい」メリットもあります。

 

総取引量の多い通貨ペアなので、一部の偏った考えを持った投資家の影響を余り受けずに済みます。

 

瞬間的に大量の資金を投じて値動きをさせる、「ストップ狩り」と呼ばれる個人投資家を狙い撃ちにするような動きが起きにくいのです。

 

 

3つ目の理由としてじっくりと戦略を練る事ができる」のです。

 

値動きが他の通貨と比べると穏やかなために、現在のような10分の1秒以下での判断を必要とするFX取引の中、初心者トレーダーにとって非常に大切な思考時間を比較的に長く得る事ができます。

 

初心者がレバレッジの機能性を学ぶのにドル円がベスト

初心者がレバレッジの機能性を学ぶには、ドル円が向いてますね。

 

レバレッジをかける事は、まるで「諸刃の剣」で、大きな利益を得るための破壊力を持つと同時に、大きな損失を出す可能性も上昇させるは周知のことでしょう。

 

しかし、FXトレードである程度の儲けを出すには、どうしてもレバレッジは無くてはならない存在です。

 

ドル円は他の通貨と比較しても穏やかな動きの通貨ペアなので、少々のレバレッジをかけたとしても、強制的に損失を確定させられてしまう「強制ロスカット」には、掛かり難いとも言えます。

 

ドル円で学んだレバレッジとリスクに対する感覚は、他の通貨ペアを取引する際にも使えるので非常に重宝します。

 

リスクを小さくしながらレバレッジの効果と特徴を学べるので、初心者の方は是非その事を意識した取引を心掛けたいところです。

 

ドル円の値動きの特徴を知るのに良い

FXトレードを行う上で、ドル円の特徴を知るのが非常に重要です。

 

ドル円の特徴を知らずに、テクニカル分析に頼ると痛い目を見ます。

 

テクニカル分析からから時間をかけて導き出した米ドル円の値動き予想が、「実際の値動きでは見事にそれを裏切る」と言う特徴は、歯がゆいですよね。

 

一概には言えませんが、テクニカル分析と並行して、日本の企業による売買の動きに注意を払う事で、FXトレードが上手く行くケースが目立ちます。

 

日本には世界を代表する大企業が沢山有り、大企業が一斉に同じ方向へと売買をするとテクニカル分析が効かなくなります。

 

まさに、一方通行の動きを見せる事が散見されるのです。

 

初心者の方にとって、ニュースから相場を学べる非常に良い機会となるでしょう。

 

尚、下記には米ドル円に影響を与える経済指標についてまとめましたので、FXトレードの参考にして見てください。 

 

ドル円に影響を与える経済指標とは?

f:id:shimotenman:20190130193504j:plain

失業率について

失業率は、家計調査をベースに失業率を調査したものが失業率になります。

 

発表されるのは、翌月第1週の金曜日の雇用統計時になり、FRBの利上げにも影響する指標となっているため、非常に注目されている指標の一つです。

 

非農業雇用者数について

非農業雇用者数は、いわゆる雇用統計のNFPと呼ばれるものです。

 

翌月第1週の金曜日に発表され、事前予想と大きく(上にも下にも)乖離することが多く、マーケットの流れを一気に反転することも度々起こります。

 

為替の世界ではお祭り的な性格も強く、非常に関心の高い指標の一つです。

 

プロの金融関係者が事前予想をしているにも関わらず、予想が当たらないことでも有名な指標なので気をつけてください。

 

GDP成長率について

GDP成長率は、経済の先行きを占う意味でも非常に重要な経済指標の一つです。

 

直近の米国の利上げにも絡むため、注目率が高くなりがちです。

 

発表タイミングは四半期ごとの最終月の4週間後となり、予想外の下落になったりすることがしばしば起こります。

 

そのため、波乱が起きやすい経済指標の一つとも言われていますね。

 

ISM(全米供給管理協会)製造業景況感指数について

ISM(全米供給管理協会)製造業景況感指数は、文字が長いので一般的には、ISMと省略される指標になります。

 

毎月発表される景気状況調査で翌月の第1営業日に発表となります。

 

翌月1営業日発表であることから速報性が高く、リアルタイムに近い経済状況を把握するためには重要な指標です。

 

指標は新規受注、生産、雇用、入荷遅延、在庫の5項目を扱ってます。

 

ISM(全米供給管理協会)非製造業景況感指数について

ISM(全米供給管理協会)非製造業景況感指数は、非製造業景況感指数になります。

 

発表のタイミングは、翌月の第3営業日になり、製造業同様影響は大きく、製造業の指数に比べると先行指数とみられているのが特徴になります。

 

米国は個人消費主体の国ですからこの指標が落ち込みはじめると個人消費にも暗い影を落とすことになるのです。

 

消費者物価指数(CPI)について

消費者物価指数(CPI)は、消費者から見た財・サービスの価格を示す指標になります。

 

変動幅が大きいエネルギー・食品価格を除き、コアCPIが最も注目されるものとなります。

 

発表時期は、翌月の2~3週間後です。

 

個人消費価格指数(PCE)について

個人消費価格指数(PCE)は、消費者から見た財・サービスの価格を示したものがPCEで、CPIとの違いは品目別ウェイトが固定されているのに対し、PCEはウェイトが固定されていません

 

発表は、翌月の4週間後になります。

 

耐久財受注について

耐久財受注は、耐久年数が3年以上の財の受注統計になります。

 

翌月の3~4週間後に発表となっています。

 

失業保険申請件数について

重要な経済指標の中には、失業保険申請件数というものもあります。

 

この経済指標というのは、新規失業保険申請件数及び失業保険継続受給者数を報告したもので翌週木曜日に発表されます。

 

これが月次の雇用統計を占うものとなるため、それなりに市場に影響を与え続けている状況です。

 

小売売上高について

小売売上高の経済指標は、そこまで重要な指標ではありません

 

発表されても相場はほとんど動かず、動いても微々たるものです。

 

翌月2週間後に発表されています。

 

消費者信頼感指数について

消費者信頼感指数は、消費者のセンチメントを把握する指標で、小売売上高とともに関心をもたれています。

 

住宅着工件数(及び住宅着工許可件数)について

住宅着工件数(及び住宅着工許可件数)は、一戸建て、集合住宅の着工件数をそれぞれ発表になります。

 

景気の指標として関心をもたれています。

 

中古住宅販売について

中古住宅販売は、中古住宅の売買契約がなされてから、2~3ヶ月遅れて計上されるもので、実際の市況からの遅行指標であることが特徴です。

 

中古住宅は米国では重要な住宅供給資源であるため、新築とともに景気予測には欠かせない存在となっています。

 

実需が一定の価格を支えるのがドル円

f:id:shimotenman:20190130193518j:plain

相場を支える取引の実態

現在の投資実態は、投資金額全体の実需が2割で、残り8割は投資、投機筋と言われております。

 

ただ機関投資家のように一旦売買すると長期間反対売買を行わないプレーヤーも投資、投機筋に入っていますから、純粋な実需というのは2割くらいにとどまるのが現状です。

 

実需とは、国のGDPとも密接に関係する規模になるので、2割といえども重要な存在なのです。

 

2013年、原発が停止した後はエネルギーの輸入金額が円安とともに大きくなり、国内の貿易赤字は13兆円を越えるレベルとなりました。

 

これはすべての貿易額の中でドル円は買い越し、つまり円安ドル高になる根底的な動きとなっていますから、相場を根底から支える大きな力になっていたことは間違い無いのです。


2013年、海外の投機筋は日経平均を買い上げるために、ヘッジとして15兆円近いドル円を買いに走っていますが、株式の売却とともにすべてのドル円の買いは反対売買で売られることになっています。

 

そのため、投機の通貨外だけでは当座の相場は動いても安定的な上昇や下降にはつながらないことだけは間違いありません。

 

やはり買いきりだまと呼ばれる実需のドル買いは相場を根底レベルで支えていることがわかります。

 

実需が確実に通貨高を支える

結論からいうと実需が通過高を支えているのです。

 

米国と同様に量的金融緩和を実施したECBですが、EU圏にはドイツという巨大な貿易黒字国があります。

 

この存在が必ず、実需面でユーロ買いを支えることになっていることは間違いないのです。

 

どれだけユーロが売り込まれても、最後のサポートラインを支えてくれるのが実需ということになります。

 

直近では、原油価格の下落とともに、日本の貿易赤字は急激に縮小に向かいつつあります。

また原発の再稼動によりエネルギーコストの縮減も進み、ドル円はこの部分だけで見ると。そう簡単には円安に向かわない状況となっていることもわかります。

 

こうしたことから経常収支などの発表で、関心を持つことが重要になってくるのです。

 

実需だけではなかなか買いあがるところまではいかないものの、しっかり相場を支えるという役割は果たしているのです。

 

ドル円の相場に影響を及ぼすオプションとは?

f:id:shimotenman:20190130193529j:plain

オプションは誰が買うのか?

ドル円の相場に影響を及ぼす要員として、オプションについて話をします。

 

オプションは、FXトレードをしている上で頻繁に聞きますが、ヘッジファンドなどの登記筋も買っており、実需でも買っているものです。

例えば、米ドル円が20円上昇するというのは普通ありえませんよね?

 

つまり、現実的でないので、米ドル円が20円上昇する価値は低くなっているのです。

しかしそれは10円上昇だったらどうでしょうか?

 

これは先ほどの20円と比べると、現実味はありますよね。

 

20円より10円上昇の方が価値が高まっているということになるのです。

投機筋というのは、安い状態で持ち続けることによって、この価値が上がった段階で第三者に売り飛ばすこともできるのです。

 

これがオプションの取引ということになります。

 

オプションの価格に差し掛かるとその価格に相場が収斂するのは?

オプションの価格に差し掛かると、その価格に相場はどうなるのか?

 

例えば、120円のプットオプション(買い権利)の場合、プレーンなオプションであれば120円を超えたところで、このオプションをもっている方々は、ドル円を売りに来ることになります。

 

つまり120円で好きな量を買えているわけですから、120円30銭で売って119円90銭まで押し下げれば、まずは30銭儲かることになります。

続いて、119円90銭近辺で反対売買をすれば、何度でも120円で買い付けが出来るわけですから、利益にありつくことが出来るのです。

 

これをNYカットでエキスパイアするまで何度も繰り返すうちに、だんだん相場は動かなくなり、限りなく120円に近づいてとうとうおしまいになるケースがあります。

 

ノックアウトオプションの場合はその値に到達したら終わり

ノックアウトオプションというものがあり、こちらが設定されると、その設定価格を触れたとたんにオプションの権利が消滅、つまりノックアウされます。

 

仮にまったく触れずに、最後まで持ちこたえればかなりの金額の利益を設定した金融機関から得られます

 

そのため、必死に防戦売りや買いをして行くことになります。

 

最終的その価格がついてしまいますと、先ほど話をした通り権利喪失になり高いお金を出したオプションも、無価値になるので必死に防戦するわけです。

こういったオプションの売買は、投機筋ではとてもわかりやすいのですが、輸入や輸出の実需の事業者でもリスクヘッジのために購入しているケースもあります。

 

当然のことながら、目算を間違い、オプションが行使できなければ損害を受けることには変わりありません。

こうしたオプションは、まるで地雷のように設定されていますので、相場が膠着したりそれ以上あがらなかったり様々に不思議な状態を示現することがあります。

 

特に、米ドル円にはこうしたオプションが実に多く登場し、オプションの噂を聞いたらどういうものが設定されているのか、その後どう動きそうなのか想定することが重要になるのです。

オフィシャルにはこうしたオプションがどこになるかは判りませんが、直前になると様々な金融機関から情報がでてきて、なんとなく判ることがあるのです。

 

かなり微妙な話ですが、そんな動きがオプションなのです。

 

ドル円相場と円ドル相場の違いとは?

f:id:shimotenman:20190130193546j:plain

ドル円の通貨ペアは、日本人が最も多く取引している通貨ペアになります。

 

多く取引をされているのはメリット(この後説明します)でもあり、初めてFXを行なったり、初心者にオススメできる通貨ペアです。

 

日本のFXトレーダーで、米ドル円は必ず通る道であり、FXトレードをやる上で基礎となる通貨ペア、まさに入門編といっても過言ではありません。

 

ドル円を知る上で耳にするワードに、「ドル円相場」と「円ドル相場」が有り、これらを区別しなければなりません。

 

これらのワードは似ているように感じますが、全くの別物になります。

 

ドル円相場

まず、ドル円相場なのですが、こちらは「1ドル当たり○円のレート」という意味です。

 

良くニュースで聞くパターンはこちらですね。

 

ドル円相場を考えるときは、円建て計算( 外国貨幣の一定単位を基準にして円を算出)をしなければなりません。

 

・円ドル相場

円ドル相場の場合は「1円当たり○ドルのレート」という意味です。

 

円ドル相場で計算する場合はドル建て(日本貨幣の一定単位を基準にして外国貨幣を算出)の計算することになります。 

 

アベノミクス」と「東日本大震災」を相場から見る

f:id:shimotenman:20190130193559j:plain

アベノミクスの場合で見てみると

アベノミクスの場合における、ドル円相場と円ドル相場を見ましょう。


例えば「アベノミクス」を実行した場合、ドル円相場を「円建て」で計算して見ます。


通貨供給量日本銀行の異次元緩和、通称、「黒田バズーカ」で増えるわけですから、円は需給の関係で安くなります。

 

ドル、アメリカのGDP総額が、円安効果でドル建ての額面よりもアメリGDP総額は増えていきます。


日本も「金融緩和」を行って景気よくなるだろうと見込まれてGDP総額は当然増えてきますよね。

 

その結果、日本とアメリカの経済格差は2.8倍にもなります。

 

反対に円ドル相場では、ドル建てでの計算になります。

 

円安になっているため、ドル建ての日本GDP総額は減る事になります。

 

アメリカのGDP総額はアメリカが成長も減速もしないことを前提とした場合は円高になるのです。

 

東日本震災直後の場合みてみると

続いては東日本震災直後の場合で見て見ましょう。

 

東日本震災直後では地震の他にも、原発事故と首都圏直下型地震でしたので、そこからどうして、円高になったのが理解できない人もいるでしょう。

 

ドル円の場合で見ていきますと、円のGDP総額が地震によって減るので、日本が減少して当然になります。

 

ドルGDPは変わらないと想定した場合、みなさんが想定するように日本の経済の先行きが暗い、そのため円安になって当然のことになります。


しかし、円ドル相場は円が分母になるドル建てですから、分母が減った場合は円高になりますよね。

 

アベノミクスと東日本震災直後で考えてみると

アベノミクスと東日本震災直後を合わせて考えてみましょう。


アベノミクス」のように日本の政策によって、しかも通貨需給まで加味した場合、円安に行くのですが、地震や日本経済が低成長である場合GDP総額は世界のそれと比較して小さくなるため、円高に動いて当然なのです。


日本がマイナス成長や低成長の場合、日本の価値を世界で均衡させるために為替相場は物価が下がって価格調整をするのと一緒で円高になるのです。

 

現在の状況はどうか?

それでは現在の状況はどうなのでしょうか?


日本は緩和を実施しているのにも関わらず、低成長なのですから通貨の需給効果は完全に今は剥落しているのです。

 

需給はすべてのものに優先する経済原理を無視し、今の為替レートは円高に進んでいるのと一緒のことです。

 

となると、「日本の郵貯マネー、年金マネー外国人投資家」の勝負はどうなるのか、といえば、どちらの理屈に分があるのかは考えなくてもわかるでしょう。