副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

要注意!FX口座を開設するとき見なければいけない3点!

この記事をご覧になっているということは、この先FXを始めようと思い色々とFX会社を選んでいることでしょう。選んでいるときに、あまりにもFX会社が多すぎて現状混乱しているのではないでしょうか?

確かに国内だけでもかなりのFX会社がありますが、その目を海外に向けるとさらに多くのFX会社があり、もうどれを選んだ方がいいのかわからなくなっていることでしょう。
とは言え適当にFX会社を選んではいけません。なぜならFX会社の選択を見誤れば、それだけでかなりの損失を被る可能性があるからなのです。

そこで今回は「FX口座開設時の会社を選ぶ3つのポイントと開設方法について紹介」して行きます。まず初めにお話をするのは、FXの口座開設をする前にデモトレードでFXを体験してみようということです。

FX口座を開設してから、あなたが最初にやるべきはリアルトレードではないのです!最初からリアルトレードをやって勝てても、安定的に勝ち続けることは不可能と言っていいでしょう。なぜならトレードルールがないのですから勝てなくて当然なのですから。

また、FXで負けた経験がない場合は、少し負けがこむと取り乱してしまいます。そうなると、さらに負けてしまい負けのスパイラルに陥ることもあります。FX口座を開設したら、すぐにやるべきことはデモトレードです。最初にデモトレードで、FXで勝つ感覚を身につけておくことが非常に重要になるのです。

良いFX業者を選ぶ3つのポイントとは?

スプレッドが狭い業者を選ぼう

この項目では「良いFX業者を選ぶ3つのポイント」についてお話をして行きます。まずはスプレッドについて見て行きましょう。スプレッドは単に一回の取引ごとにあなたがFX業者に支払わなければいけない手数料みたいなものだと認識してください。スプレッドが大きいほど手数料ももちろん高くなり、小さいほど手数料が低くなって行きます。

残念ながらこの手数料というのはほとんどの業者で導入されているので、避けることはまず不可能になります。スプレッドがFX業者の実質的な手数料になるからです。FXは何度もトレードを繰り返して、利益を積み重ねていく投資方法です。そのため、スプレッドが広い(=手数料が高い)FX業者で口座を開くと、あなたの利益はその分だけ低くなります。

つまりトータル的に利益を上げて行きたいのであれば、スプレッドの低い業者を選択するということは必要不可欠になってきます。。スプレッドは一回一回のトレードごとに支払わなければいけないので、一日の中で、何百回もトレードを繰り返すスキャルピングでは、特に重要になってきます。

デイトレードスイングトレードでは、そこまでの売買は行いませんので、そこまでスプレッドにこだわる必要はありません。しかし、結局、勝てるようになればなるほど、トレードの数は増えます。また、最初は自分のトレードスタイルを確立するために、様々なトレードを実践することになるでしょう。

スリッページの少ない業者を選ぼう

続いて知っておいて欲しいことは、スリッページの少なさです。スリッページとは、あなたが注文した時点の為替レートとは異なるレートで注文が通ることです。例えば、ドル円が100.020円の時に買い注文を出したのに、実際に約定したレートは100.030円だったのします。この差額の0.010円(1銭)がスリッページということになるのです。


また、ほんの数秒といった超短期間で一回のトレードが完結して、小さな利益をなんども積み重ねるようなスキャルピングでは、スリッページがひどい業者ではとてもトレードになりません。

スプレッドと同じようにデイトレードスイングトレードでは、そこまで問題にはなりませんが、注文価格と約定価格に差があるというのは、それだけでも結構なストレスになります。そのため、スリッページの少ない業者を選ぶべきです。なおスリッページが少ないことを約定力が強いといいます。

スプレッドとスリッページの条件を満たす業者を選択しよう
先ほど話たことから、スプレッドが良くてもスリッページが悪い、そしてスリッページが良くてもスプレッドが悪い業者では意味がありません。理想を言えばスプレッドもスリッページもいい方を選ぶのがいいのですが、そうでないのならどちらも無難にいい業者を選ぶべきです。

自分にあったスタイルのFX業者を選ぶには?

FX会社をスプレッドで選ぶには?

それではこの項目からはスタイルにあうFX業者の一部をご紹介させていただきます。まずはFX会社をスプレッドで選んで見ましょう。先ほども話をしましたが、スプレッドとは業者の手数料みたいなものになります。

そのため取引回数が多ければそれだけコストが高くなり取引金額が大きければその分コストが高くなるのは当然ですよね。1週間、1か月に1回程度の取引、取引予定ならどこのFX会社を選んでもそれほど関係ありませんが1日に何回も取引する方や1回の取引金額が大きいならスプレッドの狭い低スプレッドのFX会社を選ぶことがコスト負けしない有利な取引をすることができます。

そこでおすすめなのはSBI FXトレードになります。この会社はスプレッドが他の会社に比べて非常に低くなっているのでとてもおすすめになります。

FX会社をスワップポイントで選ぶには?

続いてはスワップポイントをターゲットにした会社を見て行きましょう。まずはスワップポイントなのですがこれは、異なる2国間の金利差を利用して得ることができるものとなります。

そしてこのFX会社によって得ることができるスワップも異なってくるのです。スワップでFX会社を選ぶなら外貨の長期保有予定か中期的な視点で売買をする方に向いておりますので各FX会社のスワップポイントを知りたい方はスプレッド比較・一覧のページ内にスプレッドとスワップポイントを記載してあります。

ちなみに現在スワップの高いFX会社はマネーパートナーズそしてSBI FXトレードがおすすめとなっております。

FX会社を最低取引単位で選ぶには?

続いてはFX会社を自動売買で選ぶことについて見て行きましょう。通常のFX会社の取引単位は1万通貨が一般的で1万通貨で取引を行うには最低でも必要な証拠金は通貨ペアのドル円の場合は40000円程度です。

取引経験を積むにはデモトレードという方法もありますがデモトレードは身銭を削らないので投資経験につながる冷や汗や喜びなどの感情も出ないのであまり経験を積んだことにはなりません。FXの最大の敵は自分との感情との戦いや葛藤で常に冷静な気持ちで相場の流れを見るという経験が必要になってきます。ちなみに最低取引単位が最も小さいFX会社は1通貨から取引可能なSBI FXトレードがおすすめになります。

FX会社を自動売買で選ぶには?

あまり聞きなれないもので、自動売買についてFX業者を見て行きましょう。自動売買ですと、その名の通り忙しい方でもFX取引をして為替差益を狙うことを自動で行ってくれます。

自動売買は設定が面倒ですがその部分を解消し自分好みのストラテージを選ぶだけでできるインヴァスト証券 シストレ24はおすすめできます。ちなみにストラテージとは前もって利益や予想、売買ルールなどを設定した取引のようなことでここでいうストラテージは最初にそのように設定してある自動売買ソフトのような意味合いです。

FX会社を口座開設キャンペーンで選ぶには?

続いては口座開設にあたり、キャンペーンについて見て行きましょう。FX口座開設キャンペーンとはFX会社で新規に口座開設し条件を満たすことでキャッシュバックを貰うことができるサービスがあります。

取引量が多く必要なFX会社もありますが非常に取引回数が少なくすぐに条件を達成することができる会社も多く存在しますのでキャンペーンを利用するべきでしょう。キャッシュバック目的に沢山の口座を開設することはお勧めできませんがこのキャンペーンの最大のメリットはリスクを減らすことができるのでFX初心者も気軽に取引を始めることができる点にあります。

現在のキャンペーンで比較的に簡単な条件はLION FXで新規口座開設後に1万通貨の売買をポンド円で10回の新規取引を行えば1万円のキャッシュバックです。

FX会社を取引ツールで選ぶには?

この項目で最後になりますが、FX会社を取引ツールで選ぶときについて見て行きましょう。取引ツールで選ぶとは簡単に言えば初心者でも取引しやすい画面や操作性、上級者にあったチャートの種類が用意されているか自動売買があるか、モバイル、携帯版があり外出先から取引可能かなどです。

他にもツイッターで最新情報を入手できたりトレンドの傾向がすぐにわかるチャートや重要な要人発言の日時や発表予定がすぐにわかるなどもありますので注目しておきましょう。

口座を開設するのに必要な資格と書類とは?

FX口座を開設する為の資格とは?

この項目では口座を開設するのに必要な、基本的なことを見て行きましょう。まずはFX口座を開設する為の資格についてです。まず条件としては。20歳未満の人、そして75歳以上の人、さらには海外在住の人が上げられます。

以上のことが該当しないのであれば、よほどのことがない限り、無職でも主婦でもフリーターでも学生でも口座を開設することができるのです。

FX口座を開設するのに必要な資格は?

続いては必要な書類について見て行きましょう。口座を開設する時には、本人確認書類とマイナンバー確認書類が必要になります。本人確認書類は日本人の場合、主に以下のうちどれかです。・個人番号カード・運転免許証・健康保険証・パスポート・住民票の写し・印鑑登録証明書


次に、マイナンバー確認書類は、次のうちのどれかになります。・通知カード・個人番号カード・住民票(マイナンバーが載っているもの)

口座の開設方法と審査の基準について

FX口座の開設の流れについて

最後の項目になりますが、口座の開設方法と審査の基準について見て行きましょう。まずはFX口座の開設の流れについてです。

国内FX業者の口座開設の流れは次のようになります。まずはサイトから口座開設を申し込を行って、本人確認書類を送付します。そして審査が問題なければ、ユーザーIDとPWが送られてくるので、取引口座へ入金を行いましょう。最短で翌日取引できる場合もありますが、大体は二、三日かかります。

FXを開設する為の審査基準とは?

FX口座の開設には審査がもちろんあります。各社とも審査基準は公開していませんが、決して厳しい基準ではありませんので安心してください。特に審査については、職業、保有金融資産(貯金)、当初投下予定資金、投資目的などが重要視されるようなので、力を入れて記入をしましょう。

あると便利なネット銀行について

ビジネス的なことを展開するにはネットバンクを持っているか持っていないかでは桁違いに利便性が変わってきます。FX口座に入金する場合でもネット銀行の口座を開いてクイック一つでいつでも入金ができるのでわざわざ店舗のATMに行き振込み手続きをする必要がありません。

FXや投資においては1分、1秒を争う大チャンスが来るときも珍しくありませんがそんな時に時間外であったり店舗まで振込みに行くのではチャンスをみすみす見過ごしてしまうことになりかねません。

リアルタイム入金以外にも振込手数料が安かったり金利が高いというメリットもありますので念の為にネットバンク口座も準備しておく方が無難でしょう。

口座開設の申し込みについて

FXの口座開設申し込みはパソコンですぐに申し込みができるので非常に簡単で15分程度の時間があれば申込みは完了してしまいます。FX会社の公式サイトより口座開設申し込みをクリックした後にまずはFX投資に関する約款を読みリスクも納得したら同意するをクリックし自分の名前や住所、年齢、年収、勤務先、投資経験など必要事項を入力し本人確認書類をFAXかメール、郵送で送付するだけで完了してしまうのです。

ログインIDとパスワードを確認する

審査を通過すると自宅にログインIDとパスワードが郵送で送られてきますので同封された書類を見ながら公式サイトにアクセスしログイン、パスワードを入力し注文画面を開きましょう。

FX口座に入金する方法について

口座に入金する方法の代表がクイック入金サービスになります。このクイック入金はそのFX会社で提携している金融機関でインターネットバイキングの契約をしている方なら利用できるサービスで原則的には24時間いつでもでき、すぐに口座に入金が反映され入金手数料も無料で非常にお得なサービスです。