副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FXで破産する人の特徴はこれだ!同じことにならないたまのコツ!

みなさんこんにちは。この記事をご覧になっているということは、これからFXを始めようと考えているが、危険というイメージが先行しておりなかなか踏み切れずにいるのではないでしょうか。

それもそのはず、FXでは成功している方もいれば失敗して破産してしまった人も多くいます。そこで皆さんにはFXを始める前に、どのようなことをすると破産をしてしまうのかを理解した上でFXを始めていただきたいと思います。

今回これからFXを始めようとするあなたに向けて、「FXトレードを始める前に知っておきたい!破産してしまう理由とは?」についてお話をしたいと思います。FXトレードで失敗するのは何故なのかを話していきます。

トレーダーの方々の敵としては、「失敗そして破産」という敵がいます。ネットや雑誌を見ると、FXや株式投資をしている多くの人が失敗や損をしているように書かれているものもあります。次の項目からはその理由について詳しく見ていきたいと思います。

FXトレードで失敗する人の理由について

身の丈に合わない高額取引をする

それでは早速、どうして破産してしまうのかを詳しく見ていきましょう。まずFXで失敗してしまう理由に、あまりにも高額な金額で取引していることです。要は大きなリスクを背負って、大きな利益を得ようと試みることですね。

自分の身の丈以上の取引を行わないと、大きな損失がついてくるのはFXでは常識です。特に初心者の方は、相場の流れもなかなか掴めない人が多ので、少額からスタートするべきです。

確かにFXでは一攫千金を狙える投資になりますが、それなりのリスクと損失を背をうことになりますので、自分の身の丈にあった取引方法を試すようにしましょう。

気づかないうちに投資金額が増えている

先ほど高額での取引をいきなり行わないで欲しいと話をしましたが、気づかないうちにどんどん投資する金額が増えているケースもあります。このケースの恐ろしいところは、トレードをしている本人は、どんどん投資額が増えていることに気づいていないところ、気づいても平気で投資額を増やしてしまう感覚に陥るところなのです。

根拠のない理由で自分は失敗しないだろうと考えている人もいるくらいです。投資額を増やした方がもっと儲かるだろうと思ってしまうのです。そう、投資の額を増やすということは、リスクも同時に増えるということを理解しないまま。
投資額が増える。すなわちそれだけ損失したら大損するということなのです。初めて投資を行う方は、このような根拠のない理由で投資を行うことだけは避けるようにしてください。

FXトレードは運だと知らず勝ったからといって調子にのってしまう

FXトレードではラッキーパンチトいうのが実際にあります。これを自分の力と過信してトレードをすることほど恐ろしいことはありません。何故ならそのような偶然はそんなに続かないからです。

そのような偶然で得られる利益等は才能ではなく、ただの運で勝てたことを忘れてはいけません。これが続くとだんだんと調子に乗って掛け金を増やしてしまう人がいます。そして失敗したときに一気にこれまでの稼ぎが無くなってしまうのです。

勝てているときほど、冷静さを保つことが必要になります。FX投資で勝っていても余裕を持つこと、そして深追いをしないことが重要になります。そうしないと今まで稼いできた利益が全て無駄になる可能性が十分考えられるので注意しましょう。

生活費を使ってFXトレードをしている

利益が上がる上がらないに関わらず、慣れてくると生活費を使ってトレードをすることに抵抗感がなくなってきます。生活費をFX投資に回すことで、その儲けでさらなる利益を得ようと考えてしまうのです。

そして生活費を使っているというプレッシャーが体にのしかかってくるのです。特に損失があっても問題のない金額ならいいのですが、生活費ですとその金額がないと困るお金になります。

そのようなお金を使ってトレードを行うので、当然精神的な負担となり相場を正常に見られず的確な判断ができないことが考えられます。損失を出せないという考えが思い切ったトレードをできなくさせたり疑心暗鬼にさせたりするのです。どのような状況に置かれてもこのようなトレードを行うことは避けましょう。

ナンピンしたり、ロストカットを避けるため投資額を増やす

時と場合によるのですが、基本的にはナンピンを行ったりロスカットを避けるための投資額を増やす行為は避けるべきです。

損を出したくなくて買った通貨が下落しても、さらに買い増しを行い、自身の平均取得価格を下げようとしたり、ロストカット執行を避けるために、資金を増やして、なんとか必要証拠金額を保とうとする行為をいいます。

気づかなくてはいけないのが、このようなことを行なっても損失を免れることが出来ない場合もあります。もしそのようなことを行なっても、逆の方向へ相場が動き続けロストカット執行という結果になったら目も当てられません。

先ほども話をしましたが、生活費まで費やして大きな損失になり生活も危ぶまれてしまいます。ナンピンしたり、ロストカット防止をしたいと思っても、限度を超えた深追いはしないことです。過度な損失を避けるために、損きりをこまめに行いましょう。

高いレバレッジで取引する

FXトレードをする時に気をつけなければならないのは、レバレッジをかけた取引です。基本的にFXトレードでは、ほとんどレバレッジをかけた取引を求められます。このときに自分の証拠金でまかないきれない高レバレッジをかけると、すぐにロスカットを行われてしまう可能性があります。そうならないためにも、利益を得たいからといって高レバレッジをかけないようにしましょう。

損失確定を怖がる

これはよくFX初心者にありがちなのですが、損失を確定したがらない人がいます。覚えていて欲しいのは、FXでずっと利益のみを上げ続けるのは不可能だということ。基本的な考えは、損失を超える利益を出すことを目指してトレードを行うことです。

FXで損切りをしない

先ほどの損失確定を怖がるのと同じになりますが、損切りをしないこともいけない行為になります。損切りをしなければ、そのまま意図しない方向にチャートが進み続ける可能性があります。利益を上げる為には、勇気を持って損切りを行うことも必要になります。

FX取引ですぐに利益確定する

先ほどの話では、損失があったら確定をしないということを話しましたが、利益の確定になるとすぐに確定してしまう人もいます。これは利益を早く確定して楽になりたいという気持ちがそうさせるのだと思いますが、あまりオススメはしません。

損失の場合、なかなか確定をせず大きな損失になるということは、利益が上がっているときは、どんどん利益が増える可能性もあるということです。利益の確定は考えて行うようにしましょう。

FX取引の負け方を知らない

勝つことばかり考えて、負ける方法を知らないとどんどん損失が確定してしまうのです。先ほども話をしましたが、勝ち続けることは不可能です。負ける方法、つまりは引き際を間違ってしまうと大きな損失をしてしまう事を覚えておいてください。

デモトレードで勝ったから実際の取引でも勝てると思う

最後になりますが、デモトレードを行い勝っているからといってそれが続くとは限りません。なぜならデモトレードでは、実際のお金は損失しません。これはメンタル的には相当楽になります。しかし、お金が実際にかかると、正常な思考でトレードが出来なくなる可能性がありますので、過信は禁物です。