ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

初心者でも簡単に始められる指値と逆指値注文の使用方法解説

 

FXトレードしているけど、なかなか儲けられないよ(涙)

 

このようなお悩みの初心者トレーダー諸君!「指値」と「指値」を使い分けれてますか!?

 

聞いたことがあるけど、実際にどんなことなのかわかならいぜって方に向けて、今回徹底解説しちゃいます!!

 

一般的な取引方法は2つあり、

  1. 指値取引
  2. 指値取引

通常はこの2つを使い分けて取引をすることになります。

※リアルタイムで注文する「成り行き取引」とは違います! 

 

まず簡単に、「指値」と「逆指値」について紹介をするので下記をみてください。

 

  →指定した価格よりも高ければ売る、もしくは指定した価格より安ければ買うこと

 

  →指定した価格以下ならば売る、もしくは指定した価格以上になれば買う

 

これだけだと、なんのこっちゃと思う人も多いと思うので、次の項目からそれぞれ詳しく解説していきますね。

 

 

初心者でもわかる指値と逆指値の考え方

指値と逆指値を考えるときに、注文を「買い」にするのか「売りにするのかで考え方が変わってきます。

 

それぞれの場合で、指値と逆指値が違うことをすることになるので、まずは場合分けてして説明をします。

 

「買い」の指値と逆指値

まずは注文を「買い」の場合の考え方は、下の図を見てください。

指値のイメージ画像

 

現在のレートが100円だとしましょう。

 

皆様が普通「買い」を入れるのならば、どのタイミングでしますか?

 

普通に考えれば、下がってから「買う」、つまり100円より下になったら「買い」注文をしますよね。

 

例えば、あらかじ注文で「99円」まで下がったら「買い」を入れると設定をしたら、これは指値注文になるのです。

 

つまり、現在のレートより低いレートで「買い」注文を入れることが指値注文ということです。

 

逆に、指値は現在のレートより高いレートで「買い」注文をあらかじめ入れることになりますね(図では101円に買い注文)。

 

まとめると「買い」注文の場合、

  • 指値:現在のレートより低いレートで買い注文を設定
  • 指値:現在のレートより高いレートで買い注文を設定

こうなります。

 

「売り」の指値と逆指値

「売り」の場合の考え方は、下の図を見てください。

売りの場合の指値と逆指値の考え方

現在のレートが100円だとしましょう。

 

次は逆の質問になりますが、「売り」注文を入れるのならばどのタイミングですか?

 

通常であれば上がってから「売る」、つまり100円より上になったら「売り」注文をする人が多いはず。

 

例えば、あらかじ注文で「101円」まで上がったら「売り」を入れると設定をしたら、これは指値注文になるのです。

 

つまり、現在のレートより高いレートで「売り」注文を入れることが指値注文ということです。

 

逆に、指値は現在のレートより低いレートで「売り」注文をあらかじめ入れることになりますね(図では99円に買い注文)。

 

まとめると「買い」注文の場合、

  • 指値:現在のレートより高いレートで売り注文を設定
  • 指値:現在のレートより低いレートで売り注文を設定

こうなります。

 

初心者でもわかる指値・逆指値注文の特徴

f:id:shimotenman:20190218134220j:plain

指値注文と逆指値注文が大雑把にわかったところで、特徴について解説をします。

 

基本的に、指値も逆指値も同じ原理で動いており、「買い」と「売り」によって、呼ばれ方が変わるだけなので、その点だけ間違えないようにすればいいです。

 

まずは、指値と逆指値で共通する特徴を話すので、頭の片隅に入れておきましょう。

 

設定したレートに到達するまで絶対に注文はされない

指値注文も逆指値注文も、設定したレートに到達するまでは注文が有効になりません

 

設定のレートへわずかに届かなくても、注文は有効にならないんです。

 

成行注文の場合は、その時のレートで注文を「買う」か「売り」を決定することができますが、指値注文の場合は設定値に到達するまでは絶対に決済されません!

 

 

ここで一つ例をあげましょう。

 

現在のレートが100円だとして、99円に指値注文を入れたとしましょう。

 

もし、99.5円までレートが下がったら、この指値注文は発動すると思いますか?

 

答えは「No」です!だって指値の99円まで下がってないんですから。

指値注文のイメージ図

 

指値の場合は、これと指値の逆を考えれば問題ありません

 

注文を出す時に有効期限を設定することができますが、その期限が過ぎるまでは指値の注文は生きておりますので覚えておきましょう。


大抵のFX会社では、期限を選択することができ、最大で無期限まで選択可能なので、自分の好きなように設定できます。

 

設定したレート以外で注文が発動する時がある

指値や逆指値注文で設定したレートは絶対!

 

もしそう思っているのなら危ないですよ!

 

なぜなら、設定したレート以外で指値が発動する時があるからなんです。

 

あ!勘違いしないでくださいね!

決して、悪い意味で設定したレート以外で指値が発動するわけではありません。

 

これを紐解くのに大事になるのが、「スリッページ」になります。


皆様はトレードする時に、大半が成行注文をすると思いますが、注文ボタンを押した時と若干レートがずれることがありますよね?

 

これがスリッページです。

 

常に為替相場は動いているので、注文を出した時と注文が承認される時間に、わずかな時間ラグが出るのです。

 

この時の差分がスリッページと言われうので、知らなかった初心者のFXトレーダーの方は覚えておきましょう。

 

話を戻しますが、指値注文の場合は自分でレートを設定するので、原則注文後にレートの変化はないのですが、例外があります。

 

指値注文のスリッページ

 

上図のように、「99円で指値注文」を出したのに、スリッページのせいで「98円で買い注文」が確定されることがあるのです。

 

この現象が起きるには条件があり、かなり大きな値動きが発生している時です。

 

「99円→98円」と有利な注文に変更されるので、問題はないどころかかなり美味しいですよね。

 

ただ、ここでリスクに敏感な方は、「え!じゃあ逆も起きるの!?」と不安になるかと思います。

 

結論から言うと、不利にスリッページになる注文は決済されません

 

なので、安心して指値注文を使うことができます。

 

指値と逆指値注文でやりがちなミス

指値も逆指値注文も設定しておけば、その通りにトレードしてくれるのが魅力です。

 

ただ、その魅力が時にはトレーダーに牙を向く事があります。

 

それは、「期限設定」をした時です。

 

先ほど少し触れましたが、指値と逆指値注文には期限を設定する事ができる。

 

期限は自由に設定できますが、設定したことを忘れて「よっしゃ!注文が刺さった!」と思ったけど、期限切れで注文が刺さってなかったなんて事があります。

 

特に理由がなければ、「無期限」に設定しておく事がいいのですが、「設定したことを忘れ」るなんて事があったら不味いですので、注文の管理はしっかりしましょう!

 

指値の活用方法

f:id:shimotenman:20190218134310j:plain

指値って使い道あるの?

これをご覧の方に中には、そもそも「逆指値」って使い道あるの?

 

こう言う意見もあるはずで、ごもっともですよね。

 

指値の使い道としては、

  • レンジ相場時から上昇トレンドに移行しそうなポイント
  • ストップロス注文

こういった相場で使われます。

 

ちなみに、指値注文指値注文を同時に出すことも可能となっており、その時の注文方法はOCO注文と呼ばれております。

 

ストップロス注文について

例えば100円でドル円を買い注文を入れたときに、99円になったら99.5円で逆指値注文を出しています。

 

このまま99.5円に達すると逆指値注文が執行される状態になります。

 

為替相場は変動が激しいので、損切りのための逆指値は、ポジションを持った時に行うか、OCO注文やIFO注文で2つ以上の注文を同時に行うのが良いと思います。

 

利益確定注文について

続いては逆指値注文の利益確定注文方法について話をしていきます。


100円でドル円を買いポジションにして、そのまましばらくポジションを持っていたとしましょう。

 

そのときに101円まで上昇したところで、100.5円で逆指値売り注文を出すことです。

 

当然のことながらレートが100.5円になったら注文が決済されますが、安定して利益を確保できる方法ではあります。

 

欲をかく人は、さらに上がるのだからそこで入れる必要はない、なんて言う人もいますが、リスク管理がFXトレードで一番大事なことになりますので、欲をかき過ぎないようにしましょう!

 

指値注文の注意点とは?

指値注文の注意点についてもお話をしていきましょう。

 

指値注文の注意点は、指定する価格の間違いです。


指値注文とは考え方が逆になりますが、売り買いの注文と価格が合っていない注文を出してしまうケースは多いと思います。

 

例えばドル円の時の例で見て見ましょう。


買いのポジションが101円の時、逆指値の買い注文で100円を指定することができないのです。

 

なぜならこれでは普通の指値注文になるからなのです。

 

今のレートよりも上がったら買いたい時、今のレートよりも下がったら売りたい時に使うのが逆指値注文と言うことは基本的なこととして押さえておきましょう。

 

指値と逆指値注文のメリット・デメリットとは?

f:id:shimotenman:20190218134922j:plain

指値と逆指値注文のメリットは?

 

結論から言います!

 

希望のレートになる前に、「事前に注文できる」事が最大のメリットです。

 

あらかじめ注文を出しておいて、後はレートが注文した価格になるのを待つだけなので、時間ないサラリーマン等には大人気。

 

設定したレートになるまで、待ち続ければいいので楽ですね。

 

これを使わないと、わざわざ手動で注文を行い続ける必要があり、色々な気の迷いや少し目を離した隙にレートが変わっていたりと、変なタイミングで注文をしてしまうでしょう。

 

私たちの時間に余裕を与えてくれる有効な注文方法です。

 

指値と逆指値注文のデメリットは?

メリットの反対ですが、設定レートにならないと注文がされないので、もどかしいですね。

 

設定したレートに少しでも届かねば、注文が絶対にされない、つまり利益をあげるチャンスがないんです。


しかも、設定レートは絶対なので、少し足りないだけでも注文はされません。

 

それにより利益を上げれる機会を逃す可能性があるのがデメリットになります。

 

特殊な注文方法とメリットとデメリット

f:id:shimotenman:20190218135033j:plain

IOC指値注文のメリットとデメリットについて

ここからは特殊な注文方法について触れていきます。

 

まず初めにご紹介するのは、IOC指値注文になります。

 

この注文方法は、事前に指定したレート、もしくは有利なレートで全部もしくは一部を決済できる注文方法になります。

 

決済がされなければこの注文方法についてはキャンセルになるのです。

 

IOCとは英語の略であり、「Immediate or Cancel Order」の略になります。

 

この注文方法のメリットについては、指定のレートもしくはそれよりも有利な価格でできるだけ多く取引したい場合に有効になります。


取引した後に注文をキャンセルしないので非常に楽なのです。

 

寄指のメリットとデメリットについて

続いては寄指のメリットとデメリットについてお話をしていきます。


寄付きとは、立会時間の最初の取引でのみ有効な指値注文の事となります。寄付きで指値が成立しなければ、注文はキャンセルされてしまいます。


また、前場前に出された寄指しは後場では無効となります。

 

ですが、前場で取引が成立しなかった場合は、後場でも引き続き有効となります。

 

寄指のメリットとしては思わぬ価格で約定してしまうことを防ぐことができるのです。


しかし、寄指しならばその心配はありません。考えていたレートよりも不利な状況での決済は無くなります。

 


また、寄付きでは「板寄せ」と呼ばれる方法で始値を決めますので、予想外に安く買えたり、同様に予想外に高く売れることもあります。

 

続いてデメリットについてもご紹介します。寄指しは寄付きでのみ有効になります。


このため、寄付きで取引が成立しない場合は注文が失効します。

 

そこで、ザラバで約定させたいときは、改めて成行や指値などで発注する必要があります。

 

引指のメリットとデメリットについて

続いて引指についても見ていきましょう。

 

引けと言うのは、前場後場それぞれの最後の約定できることで、それをするのに有効な指値注文です。

 

引けで指値が成立しなければ、注文はキャンセルされてしまいます。


メリットとしては、寄指と同様のメリットを得られることです。

 

意外に安いレートで買えたり、また、意外に高いレートで売れることがあります。

 

逆にデメリットとしては、引けで約定しなければ、全く取引できずに終わってしまうということです。

 

不成・指成のメリットとデメリットについて

最後に不成・指成のメリットとデメリットについてお話をします。


まずはメリットなのですが、当日中にどうしても決済をさせたい、ですが可能ならば希望するレートで決済をしたい、このような状況にあるときは非常に有効な注文方法になります。

 

引けまでは指値で取引の機会をうかがい、最後になったら成行で注文を決済ができます。

 

デメリットについては、基本的には指値で注文とはいえ、それが成立しない場合は最終的に成行での発注となることです。

 

まとめ

指値と逆指値注文について、理解は深まったのではないでしょうか?

 

事前にレートを指定して、その通りにトレードしてくれるので、時間がなかなか取れないサラリーマンが好んで使う取引手法になります。

 

自分の意思が弱く、成行取引ではついルールを破った取引をしがちな人は、向いている取引方法といえるでしょう。

 

いきなり実践するのが怖い人は、デモトレードからチャレンジするのもアリですね。