副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FXで儲けるためのテクニック!テクニカル分析とは?

この記事をご覧になっているとうことはあなたは少なからず、FXに関わっているもしくは関わりたいと思っていることでしょう。そのときにFXを学んでいこうとかんがえる中、難しい言葉とか出てきて、何から学習していけば分からなくなっているのではないですか?

そこで今回はFXをおこなていく上で非常に重要な言葉、テクニカルについて詳しく話をしていきたいと思います。最初に断っておきますが、今回の記事は初心者の方に向けてのものになりますので、経験者の方や上級者の方には当たり前のことしか話さないので、必要がなければご覧になられなくても問題はありません。ただ、忘れていることも多々あるかと思いますので、軽く確認をしてみてはいかがでしょうか。

さてそれでは早速本題に移りますが、まず初めにそもそもテクニカルとはなんなのかからお話をしていきます。テクニカルとは色々な意味がありますが、代表的なものは「技巧的」や「技術的」と言ったものになります。しかしFXにではこの言葉は「テクニカル分析」の略称の事を指しますので覚えておきましょう。

難しい言葉で「テクニカル分析」を説明すると、経済の状況や各国の情勢、またはそれらの要因による相場の影響を考慮せず、過去の値動きであったり規則性から未来の相場を予測する分析方法になります。

これを簡単にいうと、チャートに線を引いたりテクニカル指標などを使い未来の相場を予想する事を指しているのです。

テクニカル分析で分かる事は?

現在の相場のトレンド傾向を探れる

それでは早速テクニカル分析について見ていきましょう。まずテクニカル分析を行なって、分かることから話をしていきます。まずは現在の相場のトレンド傾向を知れることです。トレードを行なっているときに大事なのはなんだと思いますか?それはどっちにトレンドがあるかどうかです。トレンドとは逆の方向に売買をしてもまず儲かりません。トレンドさえ知っておけば、転換点にさえ気をつければ利益を十分にあげることが可能なのです。

現在のトレンドの強さを探れる

続いて知れることとしては、そのトレンドがどれくらいの強さなのかです。いくらトレンドにいたといたとしても、そのトレンドは必ず終わりがきます。そのときに引き際を間違えてしまうと、せっかくの利益が減ってしまいますし、最悪損失を出す可能性もあります。そこでトレンドの強さを知ることで、引き際を見極められるのです。

相場が上昇や下降時に転換点を探れる

先ほどと重複しますが、トレンドには必ず終わりがきます。その代わり目を転換点と言いますが、その転換点を見極めることができるのがテクニカル分析になるのです。転換点を見極めれるようになれば、損失を減らすことができ、利益を十分にあげれるようになります。

値ごろ感・相場の変動幅(売られすぎ買われすぎなど)を探れる

テクニカル分析を使えば値ごろ感・相場の変動幅(売られすぎ買われすぎなど)を探れます。これは何がいいのかというと、人間の心理的に買われ過ぎていると、そろそろ売られるのではという心理が働きます。それがどのトレーダーも思っていれば、相場は大きく動くこととなります。つまりこれを押さえておけば、次の展開も予測することが可能なのです。

テクニカル分析の確認方法は?

チャートに描写した内容を人間の目で判断する

テクニカル分析を行う上で、いくつかのやり方があるのですが、一番ポピュラーなのが人の目で確認をすることなのです。これはよく為替に慣れている人が多用する方法なのですが、場数を多く経験している人からすると、ある程度チャートの動きで次の展開が予測できます。しかし、初心者にはなかなか難しい方法には違いありません。

コンピューターで自動的に判断する

さて人の目以外にも方法はあります。それはコンピューターに自動で分析、トレードをしてもらう方法です。これは初心者の方でも安心して分析を任せることができるのですが、ある程度為替を経験している人からすると、あまり好まれはしない方法になります。「なんでこのタイミングで売買するの!?または売買しないの!?」こういうシチュエーションが
結構あるからです。ある程度相場に慣れてきたら、上述の人の目を使ったトレードでもいいでしょう。

テクニカル分析のデメリットは?

テクニカル分析の盲点について

テクニカル分析のデメリットも熟知しておかねば、正しい使い方をできなくなりますのでここではテクニカル分析の盲点についてお話ししていきます。まずはテクニカル分析は確実に未来を予想できる万能ではないということです。

先ほども話をしましたが、テクニカル分析とは過去のチャートやパターンからそれに照らし合わせて予想するものになります。そう!予想なのです。同じような相場であっても全く同じようなものはありません。あくまで可能性が高いものを予想することしかできませんので、過信は禁物です。

テクニカル分析の弱点とは?

テクニカル分析には弱点があります。それは急な値動きの時はテクニカル分析は全く通用しないのです。例えば要人発言や経済指標の発表等の時は急激な値動きが見られます。そのときに発生するテクニカル分析のサイン等はあまり当てにはなりませんので注意しましょう。

FXテクニカル指標について

FXテクニカル指標とは?

最後の項目になりますが、テクニカル指標についても話をしていきます。テクニカル指標とは、相場を分析するためのツールのことを言うのです。。テクニカル指標は、大きく分けて2種類のタイプがあります。1つは「トレンド系テクニカル指標」、2つ目は「オシレーター系テクニカル指標」になります。

 トレンド系テクニカル指標は、主に順張りでの取引を行う際にタイミングを計るものとして用いられ、それに対してオシレーター系テクニカル指標は逆張りでの取引を行う際にタイミングを計るものとして使われます。

トレンド系テクニカル指標について

トレンド系のテクニカル指標にはいくつか存在しますが、代表的なものをご紹介します。まずは移動平均線になります。元々は統計分析などに使われていましたが、「相場分析に非常に有益である」と発表され、今では多くのトレーダーに愛されている指標になります


続いてはボリンジャーバンドになります。これは考案したジョン・ボリンジャーの名前から取られたテクニカル指標になります。逆張りのテクニカル指標として世界的にも有名で、スキャルピングトレーダーと呼ばれる短期トレーダーからの高い支持を受けています。


最後は一目均衡表になります。これは一目均衡表は日本で開発され、現在ではローソク足のように世界中のトレーダー間で使用されている非常に優秀な相場分析方法です。

オシレーター系テクニカル指標について

最後はオシレーター系のテクニカル分析になります。これはトレンド系のテクニカル指標と並び、共にテクニカル指標の種類を指しています。特にオシレーターの意味は「振り子」であり、オシレーター系のテクニカル指標が振り子のようにある一定の範囲を行ったり来たりするので名前がつけられました。