副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

海外FX口座を始めたい人必見!メリットとデメリットを検証!

この記事をご覧になっているということは、今からFXを始めようと考えている、もしくはFXをすでに初めており、少しFX口座を変えてみようと考えていることでしょう。FX会社というのは日本だけでもかなりの数がありますが、海外のFX会社もかなりのものがあります。

どちらの方が利益を上げるのに適しているのかそこが肝心になります。そこで今回は、「海外FX口座の魅力とデメリットを徹底解説!日本のFXとの違いを知って賢く稼ごう」ということで、海外FX口座の魅力をお伝えさせていただきます。

まずFXの最大の魅力といえば、少ない金額からでも大きな金額を動かすことができるレバレッジがとても魅力的ですよね。しかしこのレバレッジ、国内では最大で25倍までと制限があるのは有名な話ですよね。

しかし、海外のFXではレバレッジに対する規制が無く、日本では行うことができないハイレバレッジでの取引が可能となっているのです。リスクを毛嫌いする人には、ハイレバレッジの取引はあまり考えたくはないでしょうが、そうでないのなら選択肢としてはオススメできます。

そもそも海外FXとは何なのかお話をしましょう。
海外法人が運営するサービスを利用してFX(外国為替証拠金取引)を行うことを一般的に『海外FX』・『FX海外口座』等と呼称します。先ほども話をした通り、国内でのレバレッジ規制が25倍を上限とされているため、さらなるハイレバレッジを求めるには良いでしょう。

海外FXと国内FXの違いとは?

レバレッジに制限がない事が海外FXの大きな特徴

それでは早速海外FXや国内FXについて見ていきましょう。日本では先ほど話をした通り、日本の法改正においてレバレッジは最大25倍という制限が掛けられました。また、その後、法人口座のレバレッジも引き下げられ、日本国内のFXブローカーでは200倍を超えるようなレバレッジをかけた取引が出来なくなってしまいました。

ですが海外FXブローカーでは、国内にはないため日本の法律は適応されず、ハイレバレッジの取引が今でも可能となっております。レバレッジの上限はそのFXブローカーによって様々ではありますが、500倍での取引が可能なところもあります。

当然のことではありますが、レバレッジを高く設定すればするほど、リターンも大きくなっていきます。しかし同時に、『ハイレバレッジ=ハイリスク』ということも成り立ってきます。

 取引方法の違いによる取引の透明性について

レバレッジ以外にも、国内FXブローカーと海外FXブローカーの違いは沢山ありますが、取引方法の違いについても注目をしなければなりません。取引方法はそもそも国内と海外では違うのです。国内のFX会社では『店頭取引(OTC取引)』という取引方法を採用しており、海外では『電子取引所取引(ECN取引)・NDD取引』という取引方法を採用しているという違いがあります。

レバレッジや透明性だけではない海外FXのメリット

海外のFXにはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。それは、高い約定力を持っており、海外にもかかわらず日本語でサポートが受けることが可能、日本ではあまり使われていませんが、海外ではメジャーな世界標準のMT4が利用可能、そしてそのMT4を使ったEAによる自動売買などが挙げられます。

他にも専任のアカウントマネージャーやVPSサーバーが無料で使えたり、最大で2,000倍のレバレッジを受けられるとういろいろとありますので、国内よりもサービスが充実している部分もあります。

海外FX口座の魅力について

海外FX口座のメリットとは?

先ほどメリットについて大まかにお話をしましたが、今度は特に注目をしてほしいメリットについてお話をしていきます。

FXでは常に相場に参加すれば稼げるわけではなく、稼ぎやすい相場に参加してトレードをするのが基本になります。その時に投資できるお金が多ければ多いほどリターンも多くなるのは当然のことですよね。

国内FXではレバレッジ規制によってレバレッジは最大25倍ですが、海外FX口座ではレバレッジ規制がないので相場状況に合わせた資金効率の高いトレードができるので有利といえます。

レバレッジを多くかけれるということは、資金がない人にとっては本来扱えないほどの資金を動かせるメリットがありますし、多く資金を持っている人にとっては、その資金をさらに広げるチャンスになり得るのです。

海外FX口座の方が稼ぎやすく、リスクも低い

海外FXでは先入観で危険がありますが、そんなことは全然ありません。
むしろ日本のFX会社よりもリスクが低いなんてこともあります。国内のFXでは予期できない急激な相場変動により損失が出ると、追証を求められますよね。

しかし、ゼロカット制度を採用している海外FX口座の場合、証拠金以上の損失はゼロに戻されるので追証が発生しません。つまり予期せぬ損失を防ぐことができるのです。それにより損失を抑えながら短期間で利益を増やせるのが海外FXの強みといえましょう。

海外FX口座の不安やデメリットについて

海外FX口座を利用すると違法になるのか?

海外のFX口座を利用する上で心配になってくるのは、それを利用することで違法にはならないかと心配する方もいます。大前提として覚えておいてほしいのは、海外FX口座を利用した取引自体は違法ではないということです。

なぜならこのサービスを提供しているのは全て海外にあるため、日本の法律は適応されません。つまりいくら使おうが違法ではないということです。海外FX会社が金融庁に業者登録しないのは、国内のレバレッジ規制の対象とならないためで『あえて』登録していないだけです。

海外FX業者は遠く離れているので信頼はあるの?

その会社が信用できるかどうかは金融ライセンスを確認しましょう。金融ライセンスとは、金融監督機関の厳格な審査に合格して取得できる営業許可になります。

金融ライセンスを取得している業者は、金融監督機関から監視、監督されながら営業しているので、ライセンスを取得している海外FX業者を選べば安心なのです。また、海外FX業者の事業資金と顧客から預かっているお金を別々に管理しているのか、資金管理体制のチェックもして選べば安心です。

海外FXには詐欺業者や出金拒否がある?

金融ライセンスを取得している海外FX業者が出金拒否を行ったとして金融監督機関に通報されてしまいます。そのため金融ライセンスを持っている業者は基本的には安心できます。
しかし、出勤ルールを守っていないと、たとえ金融ライセンスありの業者であっても出金することができなくなります。

出金トラブルで最も多いのはクレジットカードでの出金に関するトラブルです。
クレジットカードでの出金に関しては厳しいコンプライアンスとアンチ・マネーロンダリング資金洗浄の防止)の規制が課されており、海外FX業者はその規制ルールを守る義務があります。
規制によってクレジットカードでの出金の限度額は当初にクレジットカードで入金した額までとなるのですが、その限度額を越えて出金しようとしたトレーダーが出金拒否されてしまった、詐欺だと勘違いするケースが多いのです。

海外FX口座は国内FXのスプレッドよりも割高?

国内FX業者は顧客獲得のために表向き極端に低いスプレッドを提示しているのです。そして、極めて低いスプレッド収入だけでは満足のいく利益をあげられないので、ロスカット制度や顧客からの注文処理方法であるDD方式を『収益源』としています。

スプレッドだけで見れば割高に感じますが、トータル的に見たら海外の方がお得ではあるのです。