副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FXを始めたばかりの人はこの4つのチャートをマスターしよう!

こんにちは。今回この記事については、完全に初心者の方向けたの記事になっております。FXに慣れ親しんでいる人や、ベテランの方には知っていることしか記載をしておりませんので、あらかじめご容赦ください。

ですが初心者の方については、覚えておかなければトレードができないことが詰まっておりますので、しっかり今回の記事を覚えておいてください。それでは今回の本題である「FX初心者必見!絶対知っておきたい4つのチャート分析方法」についてお話ししていきます。

今回お話をさせていただく「FXチャートの分析」というのは、別名「テクニカル分析」とも呼ばれるものになりますので覚えておきましょう。テクニカル分析にはそれぞれ特徴がありますので、本日その特徴をわかりやすくお話をしていきますので覚えておきましょう。では早速詳しく見ていきます。

テクニカル分析とは?

テクニカルとは?

それでは早速詳しく話をしていきます。まずはそもそもテクニカルとはなんなのか、話をします。テクニカルというのは、辞書で検索をかけると「技巧的」や「技術的」と出てきます。しかしFXにおける「テクニカル」とは「テクニカル分析」の略称を言います。

テクニカル分析とは、世界情勢や国ごとの経済の状況を顧みないで行う、規則性を見出す分析のことを言うのです。もっと簡単に話をすると、チャートに線を引いたりテクニカル指標などをなどを使って未来のチャートを予測することだと思ってください。。

ちなみに、テクニカル分析の反対の分析方法としては、「ファンダメンタルズ分析」と呼ばれる分析があります。これは経済状況であったり、世界の情勢等を踏まえてどのようなトレンドが発生するのかを分析する方法になりますので、合わせて覚えておきましょう。

テクニカル分析で導けるもの

テクニカル分析で知ることが可能なことを見ていきましょう。知ることが可能なことは、1.現在のトレンド傾向、2.現在のトレンドの強さ3.相場が上昇や下降時に転換点、4.値頃感・相場の変動幅です。

以上4つのことをテクニカル分析では知ることができます。どれもFXトレードを行う上で知らなければならないことになります。特にこれらのタイミングを掴み損ねると、トレンドとは正反対のポジションを持つ羽目になる可能性もありますので、非常に重要な分析だと言うことをご認識ください。

テクニカル分析の実行方法について

テクニカル分析で未来の相場を予測できることはわかりましたが、ではどのようにテクニカル分析を行うのでしょうか?まず初めにインジケーターを活用した方法があります。インジケーターから出されたデータや、チャート上に引いたラインなどから、最終的には人間の目で判断する方法になります。しかしこれにはFXトレードの感も必要になってきます。つまりいかに多くの経験をしてきたのかによって、パターン把握量が変わってきます。しばらく慣れてきた人向けのトレードと言えるでしょう。

他にもコンピューターに任せた売買方法もあります。これはほぼコンピューターが導いてくれる、自動売買に近い方法になるので、経験の浅いトレーダーにとっては便利なツールになります。しかし、上級者から見たら、「なんでそこで売買するの?」と言う不満もあります。

テクニカル分析の盲点とは?

テクニカル分析には当然盲点もあります。それは必ずしも予想通りにはいかないと言うことです。いかに過去のチャートと見比べて、同じチャートであっても、その時と同じ値動きを100%するわけではありません。相場は刻一刻と変化していきます。同じ相場というのは二度と来ないので、あくまで可能性が高いとしか判断ができないのです。

テクニカル分析の弱点について

テクニカル分析というのは、先ほども話した通り過去のデータ等を照らし合わせて、可能性が高い未来を導き出す分析になります。これはある程度あたりはするのですが、弱点として一度大きな荒れ模様が為替にあった場合、ほぼ機能しない分析方法になります。よく経済指標発表時とかは、大きく揺れすぎて全くテクニカル分析が通用しません。

FXのさまざまなチャート分析を紹介!

トレンド分析の基礎について

トレンド分析という分析方法もあります。トレンドというのは、一方的にある方向石かチャートが動かないことを言います。トレンド分析というのは、どこまでそのトレンドが続くのかというのを予想する分析方法になります。

このトレンドが終わると、あまり波のない狭いバンドでの動きをするのか、もしくは逆にさらに反対方向に方向転換するのかになります。トレンド分析ではトレンドの変わるタイミングと、さらにそこからどのように動くのかを予想しなければならないのです。

レンジ分析の基礎について

テクニカル分析にはレンジ分析等もあります。レンジ分析等というのは、先ほど話をしたトレンド分析に少し触れましたが、落ち着いたあるバンド内でしか推移しない状態を言います。

これは非常に予想するのが簡単で、その均衡している時の高値と安値の中を行ったり来たりするのです。しかし、いつかその均衡も崩れて、どちらかにトレンドを形成することが多いので、トレードの時は注意をしなければなりません。

移動平均線を使うチャート分析の基礎について

テクニカル分析にはメジャーな移動平均線というものがあります。これは相場の強弱を図ることができる分析方法になり、チャートに沿って描かれるラインになります。これの優れているポイントは、強弱の他に相場の転換点も見つけやすいのです。相場が変わるポイントに近くなると、移動平均線は緩やかなカーブを描き、ラインが反転します。そのタイミングでは相場が変わったと判断して、逆のポジションを持つか、持っていたのなら決済をして利益を得ることができます。

グランビルの法則と8の売買法則とは?

最後になりますが、有名なグランビルの法則について話をします。投資分析を行うジョセフ・E・グランビルが作ったものであり、「移動平均線を使うチャート分析の基礎」を掘り下げた実践向きの分析方法になります。ですがこのグランビルの唱えたこの法則は50年以上も前に発表され、世界中のトレーダーにより既に知られてしまっています。

つまり世界中のトレーダーはこの方法を参考にトレードをすることになります。これはFX全てに言えることなのですが、基本的には多数決で決まります。要は一方の方向に買いもしくは売りを入れる人が多ければそちらにチャートは推移するわけです。ではどのように多数の人が注文を入れるのか、それはグランビルの法則のように有名な場面に出くわしたら、そのように注文が動くようになるので、世界共通で有名な取引方法については、グランビルの法則に限らず押さえておかなければならないのです。