副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FXの証拠金ルールについて

今回この記事を見ていただいているということは、あなたはFXを始めたばかりもしくは始めようと思っていることでしょう。そして今勉強している真っ只中のはずです。FXを行うには必要な知識が色々とありますが、なかなか理解できないことも多くあることでしょう。
そこで今回はその知識の中でも理解が難しい証拠金についてお話をしていきます。

まずはそもそもFXとはなんなのか、ということから話をしていきましょう。
FXとは外国為替証拠金取引であることは勉強しているでしょう。そのFXとは差金決済取引(CFD)の一種であり、証拠金を預けて、差金決済による通貨の売買をおこなう資産運用の一種なのです。

難しい言い回しですが、海外旅行を想像していただければ大丈夫です。海外旅行に行く時に日本円を例えばドルに変えたとしましょう。その時100円で1ドルだったとします。そして旅行から帰ってきたときに1ドルが101円になっていたら1円分の得になるということです。これが簡単に言ってしまえばFXなのです。

証拠金について

FXに欠かせない証拠金とは?

それではここから本格的に証拠金について触れていきましょう。まずはそもそも証拠金とは何なのか、です。FXを始めるには証拠金が必要になるくらいはわかるでしょう。もっと詳しく証拠金を話すと、取引するのに必要な担保金だと思ってください。実際の取引では実際の通貨の取引は行なっていないのです。トレードでの差額を決済する「差金決済」には欠かせないものになります。

証拠金と証拠金維持率の関係とは?

証拠金というのがわかったところで、お次はセットで扱われる証拠金維持率についてお話ししていきます。いきなりですがFXのメリットは何だと思いますか?それは少ない金額で取引ができることですよね。

なぜこのようなことが可能なのかというと、レバレッジをかけることができるからなのです。このレバレッジはそのようなメリットもある反面、大きな損失を出す可能性も秘めております。そのときに注意が必要なのが、担保した金額に対する証拠金残高の割合です。いわゆる「証拠金維持率」です。

決済をしなければ利益かもしくは損失は決まりませんが、含み益そして含み損とういうのが存在します。その時点の為替レートで決済したときの予測損益を「評価損益」と呼び、必要証拠金に対する証拠金残高の割合が「証拠金維持率」です。

その証拠金維持率が一定の割合を下回ってしまうと、そのとき抱えているポジションが一気に強制決済されてしまいます。このロスカットのラインは各FX会社によって変わってきますが、50%もしくは100%の間に設定されますので覚えておきましょう。

このように取引には余裕を持って取り組んでいかなければ、強制的に決済を行われてしまいます。証拠金維持率を安定的に100%を上回るように確保していかなければいけません。


証拠金の種類について

余剰証拠金について

さてここからは証拠金の種類について見ていきましょう。初めに余剰証拠金について話をしていきます。余剰証拠金というのは、有効証拠金から維持証拠金を引き評価損益を加減した金額のことを言います。

有効証拠金

続いては有効証拠金になりますが、これは口座に預けている金額に評価損益を加減した金額になります。しかもこれはポジションとして抱えている必要証拠金も含まれてきますので算出方法は注意してください。

注文必要証拠金について

お次は注文必要証拠金になります。指値注文などの未約定中の必要証拠金のことを指しFX会社によって注文時点で注文中証拠金として拘束されたり、約定になるまでは拘束されないところがあり、扱いについてはまちまちになります。自分が契約している会社のホームページ等で確認をして見て、自分の会社の扱いは確認しておくべきでしょう。

最低証拠金について

最低証拠金とは口座を開設したときに必要になる証拠金のことです。最初にFX会社と契約をしたときに、幾らかの証拠金を入れてくださいと言われているはずです。その時の最低限これくらいの金額は入れてくださいね、こう提示される金額が最低証拠金なのです。

この最低証拠金も各FX会社によってまちまちです。しかし、初回のみの証拠金になりますので、一度売買を行い出したらこのことについて触れることはなくなるでしょう。

必要証拠金について

必要証拠金というのはFXを行う上で頻繁に聞くワードになります。必要証拠金とは新規注文時に必要な金額になります。この金額がなければそもそもその新規注文はできなくなります。

最低購入枚数で必要証拠金設定があり、枚数が増えればその分もちろん証拠金が必要になってきます。この設定金額も各FX会社によって違ってきますので確認はしておきましょう。

維持証拠金について

維持証拠金という言葉も多く聞くことになるでしょう。維持証拠金とはポジションを保持するために必要なお金で「メンテナンス・マージン」とも呼ばれております。実はこの維持証拠金の解釈はFX会社ごとに異なるのです。

必要証拠金の何割かを維持証拠金と設定し、資産合計が維持証拠金を割り込めば強制ロスカットや、維持証拠金という項目を置かず証拠金維持率で強制ロスカットが執行されるFX会社もあるので注意が必要です

証拠金維持で役に立つルールとは?

マージンコールとは?

最後に証拠金を維持するのに役立つルールをご紹介します。それはマージンコールと言われるものになります。マージンコールとは、担保として預けている証拠金のは担保能力に対し、FX会社によって定めたルールで顧客へ追証の必要性を連絡するサービスになります。

強制ロスカットされる前に警告を出してくれるのは非常にありがたいですよね。これがないと、気づいたらポジションがなくなっていたなんてこともあります。こうならないように常に相場を見ておかなければなりませんが、いつも注意して見てられるとも限りません。FX会社によっては警告を発信するタイミングが違ったりしますので、最悪の状況を想定してこういった情報も集めておきましょう。

ロスカットについて

最後にロスカットについて見ていきましょう。ロスカット執行の基準は、証拠金維持率を基にルールを設定しているFX業者がほとんどです。証拠金維持率が100%の状態が取引口座の中に保有中ポジションの必要証拠金分しか残ってない状態で、含み損が必要証拠金へ割り込めば100%を切ることになり、この100%を基準にロスカットルールを定めているようです。

例として100%を切ったらロスカット執行のFX業者から20%を切ったらロスカット執行までの間、80%のところもあれば50%のところも様々です。ポジションごとにロスカット執行の証拠金維持率を設定できるところもあるようです。