副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FXトレードの注意点トップ10!リスク管理の重要性について!

この記事をご覧になっているということは、少なからずFXに興味がある方、そしてFXを行って見たいと考えている方がほとんどでしょう。FXは今では副業としてはとても人気が出ております。ですがリスクがつきものでもあり、なかなか足を踏み出せないのではないですか?

確かにFXにはリスクがつきものです。ですがそのリスクもしっかりと中身を把握しておけば恐るるに足らないのです。そこで今回この記事では、「FXトレードを始める上で知っておきたい10個のリスクと回避方法」をご紹介していきます。

まず大前提として覚えておいて欲しいことは、株とFXのリスクは全然違うということです。もしこれらのリスクが同じものだと思っているようならとても危険なことです。例えば株取引の場合で例を挙げて見ましょう。株というのは基本的にはどこかの企業へ投資、つまりは株式を購入することになります。その金額というのは、その企業の安定性によって変わってきますが、その企業の信頼がなくなればその株式は紙切れに変わってしまいます。

ですが為替というのは違います。為替の場合は通貨を売買することになります。通貨の信用性は国が担保しております。国の信頼が失墜するのは国が崩壊したりしない限り担保されます。そう株よりもFXの方がこう言ったリスクは非常に少ないのです。このように株式とFXではリスクの本質に違いがあるのです。

FXトレードにはどんなリスクがある?

為替変動リスクとは?

それではここからはどのようなリスクがあるかお話をしていきます。まずは為替変動リスクから見ていきましょう。為替というのは常に動いております。それはもう24時間絶え間なく。当然トレーダーはその為替の動きを何とかして予想しようとし、その予想を信じてトレードを行います。

しかし、それが全て予想を的中させれるわけではありません。大きな利益を上げることができるのと同いくらい、同じ損失を出す可能性を秘めております。これが為替変動リスクなのです。

金利変動リスクとは?

続いては金利変動リスクについてお話ししていきます。日本のように金利が少ない国の通貨で、金利が大きい国の通貨を買うと、なんと金利差から利益を毎日受け取ることができるのです。

しかし、金利というのは変動します。この金利の変動によっては、受け取れていた金利差分の利益が逆に損失に変わることも可能性としてはあります。これを金利変動リスクというのです。

レバレッジリスクとは?

さてお次はレバレッジリスクをご紹介します。レバレッジを使うと、少ない金額をFX会社に預けたとしても、基本的には最大25倍までの大きな金額の取引ができるようになります。
もちろんそうすることによって利益もかなり大きなものになるのですが、それ以上に損失を出す可能性も出てきます。これをレバレッジリスクというのです。

ロスカットリスクとは?

お次はロスカットリスクです。ロスカットとは持っているポジションが含み損担ってしまった時、もうこれ以上の損失を出させないた目に行う措置のことを言います。例えば、現在保持しているポジションが一定額まで損失が膨らんだとき、自動的にその通貨を決済する逆指値注文が発動することになるのです。これにより想定以上の損失を防ぐ仕組みとなっているのです。
しかし、相場の急変で売買が成立しなかったり、週またぎで為替レートが乖離すると逆指値注文が発動せずに、想定を超える損失になったりします。

強制決済リスクとは?

強制決済リスクについてお話をしておきます。各FX会社によって変わってきますが、証拠金の維持率が100%を切ったら、そのポジションがいきなり決済されることがあります。これを強制決済と言います。

このシステムはトレーダーの過剰な損失を防止するためではありますが、それでも損失が多くなることには変わりありません。しかもこれはある一定のラインを変えたら強制的にされるので、その後相場が戻ろがどうなろうが関係ないのです。

スリッページリスクとは?

続いてはスリッページリスクについてお話をします。スリッページとは注文した為替レートと約定した為替レートに差が発生することを言います。例えば「1ドル=120.000円」で注文したはずが、実際には「1ドル=120.003円」で約定していることがあります。
特に為替レートが急激に変動したときは、FX会社が画面上に表示する為替レートに対して、実際に売買されている為替レートが乖離することがあり、その場合は不利な為替レートで取引が成立してしまいます。

流動性リスクとは?

流動性のリスクについても知っておきましょう。流動性というのはなかなか聞きなれない言葉ではありますが、簡単に言えば流通している量が多い通貨の方が売買しやすいというだだけです。

例えばアメリカドルというのは、世界で一番流通している通貨となりますが、これらの通貨は値動きが安定しており、大きな損をすることはあまりありません。しかし、マイナーな通貨、例えばアフリカランドなんかは、流通量が少なく非常に値動きが激しくなります。

電子取引リスクとは?

トレードおを行うにあたり、電子取引リスクについても注意が必要です。電子取引リスクというのは、トレード中に障害が発生して、適切なトレードができなくなることを言います。例えば、売買が集中しやすい経済指標発表時間は、とても回線が混雑しており、ボタンを押してもすぐに反映されないことがあります。これを電子取引リスクと言います。

相対取引リスクとは?

FX会社が私たちに提示する為替レートは、FX会社が複数の世界的な金融機関の為替レートを参照して、独自に生成している数値です。
そのため、一般的な市場の為替レートと価格差が生じることもあり、FX会社によっては正確な為替レートが配信されず、損失を被る可能性もあります。

信用リスクとは?

FXを行う上でお客とFX会社、FX会社とカバー先の金融機関、カバー先の金融機関とインターバンクとの間において、適切な運営が行われていないと、公平な取引が行われません。これは選ぶ会社によって違うため、選び方によってはトレードの時に不利益が生じる可能性があります。これを信用リスクと言います。

FXトレードのリスクはどうにもならない?

FXトレードで発生するリスクは回避や低減できる

このように、FXトレードを行うには多くのリスクと戦わなくてはならないのです。しかし、これだけあったとしても、しっかりとリスク回避作さえ練っておけば怖いことはありません。

例えば、チャートが思わぬ方向に行ってもいいようにトレードの際は、ロスカットを設定する。リスクを抑えるためにレバレッジを抑えるなどと行った方法も、十分リスク回避作になります。