副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

マネックス証券の取引方法について

あなたは今FXを始めようとしてFX会社を選ぶとこで悩んでいることでしょう。色々なサイトを見ている中で、この記事にたどり着いたはずです。探していてお分かりかと思いますが、FX会社はかなりの数存在しており、どの会社を選んで良いかなかなか判断がつかないことでしょう。

確かに国内のFX会社はかなりの数存在しており、その手を海外まで伸ばすとさらに多くのFX会社が存在しております。その中からさらに選ぶとなると途方のない捜索になってしまいます。

だからと言って適当に選んでしまうと、後々あなたにとって不利益しかもたらされません。なぜならFX会社は同じなように見えて、中身は全然違う会社が多いからなのです。その会社にはそれぞれ特徴というものがあります。つまり、あなたのトレードスタイルにあった特徴のFX会社にしないと、思わぬリスクが舞い込むことも考えられるのです。なのでFX会社選びは慎重にやらねばなりません。

そこで今回この記事は、初心者の方にオススメしたFX会社をご紹介させていただきます。あくまでご紹介だけですので、この記事を見終わった後に自分望んでいるFX会社ではなさそうなら別のFX会社を探した方が賢明です。少しでも自分に合っているようなら、口座を開設する会社の候補に入れて見てはいかがでしょうか。

今回ご紹介するのはマネックス証券という会社になります。この会社の魅力は何と言っても初心者に優しい低い資金からトレードを始められることです。そして取引コストもかからず資金管理も非常に簡単にできるのが魅力になっております。

数あるFX会社の中でも、初心者にはかなり優しいFX会社といったところになります。それでは次の項目からはさらに詳しくマネックス証券についてお話をしていきます

FX PLUSのメリットと特長について

最低取引単位は1,000通貨単位からできる

それではここからは詳しくマネックス証券について見ていきましょう。まずご紹介させていただきますのは、最低取引単位についてです。たいていのFX業者は最低取引通貨量を10,000通貨にしているのに対して、マネックス証券では最低取引通貨単位は1,000単位となっており、他よりも安くなっているのです。これからも分かる通り、少ない金額からトレードを行うことができるので、行いたくても行えなかった人でも気兼ねなく行えるのが魅力です。

取引コストが無料

マネックス証券では取引コストを無料にしております。他のFX業者ではこれを有料にしているところもありますが、マネックス証券ではその取引コストがかからないのです。何回取引をやろうが、手数料は発生しませんので安心してください。

米ドル/円のスプレッドは原則2Pips

あらゆるFX会社で設定されているスプレッドですが、メジャーな通貨単位であるドル円が、マネックス証券では最安値で取引を行えるのです。スプレッドとはあまり聞きなれない単語かと思いますが、簡単に言えば全FX会社が設定しているもう一つの取引手数料のようなものです。これは各FX会社によって値幅は違ってきますが、マネックス証券では非常に安く設定をされているのです。

金管理が楽

マネックス証券では資金管理が楽にできるのが魅力です。マネックス証券は文字通り証券会社になります。FX以外にも多数の商品を扱っているのですが、それらの資金を移すことができるのです。そして移した結果、それを元手に取引を行うこともできますし、証拠金としても当てることができるのです。

ロスカットレベルが投資スタンスに合わせれる

マネックス証券にはロスカットのレベルを自分でいじることができるサービスを行なっております。ロスカットというのは簡単にいうと、所有しているポジションがある程度のラインを割ってしまうと強制決済されます。そのラインのことをロスカットラインというのですが、そのレベルを自分で変えることができるのです。たいていのFX会社ではこれを自分でコントロールすることはできないのですが、マネックス証券ではそれが可能になっているのです。

FXのさまざまな情報を配信

FXは何と言っても情報が命になります。ただ情報を得るだけでは不足しております。いかにスピーディーにその情報が得られるかで、利益を得れるのか損失が出るのか決まる自体も多くあります。

その点、マネックス証券ではその辺の情報はスピーディーに提供してくれ、しかも数々の情報を提供してくれるので情報に困ることはないでしょう。

外出先でも安心のスマホ向けFX取引アプリ搭載

FXトレードを行なっていて心配になるのが、外出先で急な変動が起きたらどうしようかです。そもそもあまり外出している時にポジションを持つことは、あまりお勧めはしませんがどうしてもそうならざるおえない時もあります。

そんな時に助かるのが外出先でも扱えるツールです。マネックス証券ではスマートフォン用にアプリを提供しており、自宅にいるように取引を行うことができるのです。しかし、当然ながらデータの通信量は自分持ちになりますので注意してください。

FX PLUSの取引概要について

取引通貨ペアは?

さてここからは、マネックス証券を使って取引を行う際に覚えておかなければならないこことについてお話しします。
まず初めは取引通貨ペアについてです。取引通貨ペアとはFXトレードを行う時に、どの通貨からどの通貨のポジションを持つのかを決めるものとなります。
マネックス証券ではその取引通貨ペアが13通貨ペアとなっております。数としてはそこまで多くはありませんが、主張な通貨ペアは揃っておりますので初心者始めるには十分なほどの通貨ペアがあります。
下記には扱っている通貨ペアをご紹介させていただきます。
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、英ポンド/円、スイスフラン/円、シンガポールドル/円、南アフリカランド/円、香港ドル/円、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル

レート表示について

マネックス証券ではFXトレードを行う時にスマートフォンや携帯電話を使っても株価や主要指標、市況等を手軽にチェックすることができるのです。
また、株式・FX・先物・米国株の取引ができるトレーディングツールや、資産設計をアドバイスするアプリなど各種ツールがあるので、あらゆるものを使ってレートチェックをすることができます。

スプレッドについて

先ほどスプレッドの話をさせていただきましたが、FX PLUSでは各通貨ペアごとにアスク(Ask)価格とビッド(Bid)価格を同時に提示しております。アスク価格で買付け、ビッド価格で売付けることになりますので覚えておきましょう。アスク価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、アスク価格はビッド価格よりも高くなっています。下記にスプレッドの一例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

米ドル/円 原則2pips、ユーロ/円、原則4pips豪ドル/円 原則4pips、南アフリカランド/円 原則5pips、ユーロ/米ドル 原則3pips等

スワップポイントについて

中長期トレードを考えているようなら、スワップポイントについても覚えておかなければなりません。外国為替証拠金取引では、2国間の金利差である「スワップポイント」が生じます。2国間の金利の高い方の通貨を買うとスワップポイントを受け取れ、逆に、金利の高い通貨を売るとスワップポイントを支払う仕組みになっているのです。マネックス証券ではこれらのスワップポイントがどれくらいになるかを簡単に画面で確認できるようになっております。

レバレッジについて

FXトレードをやるにあたり、レバレッジという言葉は切っても切れない存在です。レバレッジとは、預入れている資金(預入証拠金)に対して何倍の為替取引を行っているかを表します。

つまり、資金以上の取引を行うことができるのがレバレッジなのです。マネックス証券ではレバレッジが25倍で取引をできるので覚えておきましょう。

1注文あたりの最大取引数量は?

無限に取引が行えると思われるFX取引ですが、実は上限があることを覚えておきましょう。あまりそのような事態になることはないと思いますが、一度の取引につき3,000,000通貨までが取引限度になります。もしそれ以上の取引を行いたい場合は、もう一度別の取引を行わなければならないので覚えておきましょう。

最大建玉数量は?

最大建玉数量についても最大取引数量と同じで最大限度があります。それは50,000,000通貨
です。これ以上の建玉数量はできない仕組みとなっておりますので、取引の際はこれに引っかからないようにしないといけません。

注文機能について

マネックス証券の注文方法には、行注文、ストリーミング注文、クイック注文、指値注文、逆指値注文、トレール注文、OCO、IFD、IFDOCO、一括決済、オートレールがあります。
まず初心者は成行トレードをすることから始めましょう。

決済方法について

マネックス証券の決済方法については、差金決済というものがあります。これは、建玉を反対売買(売戻しや買戻し)することにより発生した損益を清算する決済方法となります。他にも、現物受渡決済(デリバリー)という方法もあります。これは買建玉については、取引通貨の買付け代金全額を支払うことにより決済です。

コンバージョン(両替取引)について

コンバージョン(両替取引)についてお話をしていきます。円、米ドル、ユーロ証拠金の両替取引が可能となっておりますが、それ以外の通貨に関してはできない仕組みになっております。

ニューヨーククローズ時点で不足金が発生した場合、日本時間午前10時以降に自動コンバージョンが開始されていきます。

追加証拠金について

あまり聞きたくないお知らせに、追加証拠金というものがあります。一日の取引が終了した時点で、証拠金維持率が100%を下回ってしまったら追加証拠金が発生してしまうのです。追加証拠金が原則 当日24時30分※までに充当されない場合、または、証拠金不足額が解消するよう建玉を一部決済されていない場合、たとえ、相場状況により証拠金維持率が100%であっても反対売買によりすべての建玉が決済されてしまうので注意しましょう。

オープンレートの約定ルールについて

マネックスではオープンレートの約定ルールを設けております。顧客が指定していた注文価格にオープンレートが達した場合、注文価格ではなくオープンレートで約定されるというものです。自分とは意図していない価格で決済されるので注意が必要です。

指値・逆指値の注文可能金額計算ルールについて

新規建注文を発注する際、実効証拠金が総必要証拠金(各通貨ペアの必要証拠金の総額)を充足していなければなりませんが、指値や逆指値注文については約定後の実効証拠金が総必要証拠金を充足しているかを再度確認していきます。総必要証拠金を充足していない場合、約定とならずシステムにより取消される仕組みになっております。

取引時間について

取引時間については、夏時間と冬時間によって微妙に変わってきます。夏時間では月曜日 7:00から土曜日 5:55までとなっております。冬時間については、月曜日 7:00から土曜日 6:55となります。

口座管理費、維持費について

マネックス証券でFXを行う際は、口座管理はもちろんのこと維持費についても一切かかりません。つまりFXを行う時には取引にかかるコストくらいしかかかるものはありません。

FX PLUSの入出金サービスについて

入出金サービスについて

先ほども話をしましたが、マネックス証券では数々の商品を扱っております。それらのサービスから、このFXに入出金すうる方法もありますし、インターネットバンキングや銀行振込のような方法で行うこともできますので覚えておきましょう。

振替入金・振替出金の口座反映について

証券総合取引口座からFX PLUS口座への振替の場合は、振替指示をすると、振替金額は即座に評価証拠金に反映され取引可能となります。また、FX PLUS口座から証券総合取引口座への振替については、振替指示をすると、振替金額は即座に証券総合取引口座のお取引可能額に反映され、取引可能となります。

外貨入出金の手数料について

顧客が証拠金として外貨を入金する場合、銀行送金手数料等は自分で負担することとなります。受取銀行でかかる手数料は無料になります。つまりマネックス証券が負担するということになります。

外貨出金の場合は、外貨証拠金を出金する時に出金手数料が一件につき一律2,000円負担する形になります。外貨を支払いする際の銀行送金手数料等はマネックス証券が負担します。ただし、受取銀行で手数料等がかかる場合は、自分での負担となりますので注意してください。

マネックス証券の信頼性について

資産の保全方法について

最後にお話をさせていただくのは、顧客からお預かりした証拠金についての安全性です。金融商品取引法に基づき、固有財産とは明確に区分され、「三井住友信託銀行又は日証金信託銀行(顧客証拠金口)」にて厳格に区分管理しています。

なお、預託を受けた証拠金の金銭について、三井住友信託銀行株式会社又は日証金信託銀行株式会社を受託銀行とする金銭信託により、当社の固有財産とは区分し、顧客ごとに管理しているので安心してください。

安心の信託スキーム

証拠金の信託保全とは、顧客から預かった証拠金を信託銀行に信託することで固有財産とは区分し、受益者代理人の監督下で安全・確実に保全するスキームとなります。信託銀行に預託された資産は、万が一マネックス証券が破綻した場合でも、債権者の差押えなどの対象とならず、信託銀行から受益者である資産の返還が行われます。また、受託信託銀行が破綻した場合も、信託銀行固有の財産から切り離して取り扱われるため、信託財産として保全されます。

「100%信託保全」の具体的なメリットとは?

マネックス証券では、毎営業日のNY市場終了時点での当社清算値段により評価を行ったうえで、信託保全に必要な金額を毎営業日(営業日が銀行休日に当たる場合は翌営業日に順延)ごとに計算を行い、必要な資産を確定し、受益者代理人に対し報告しています。

受託信託銀行

受託信託銀行については、先ほどからお話をさせていただいておりますが、三井住友信託銀行又は日証金信託銀行となります。

信託対象通貨

マネックス証券で信託対象通貨としているのは円(ドルやユーロもニューヨーク市場終了時点での当社清算値段により円換算し、資産として分別して金銭信託いたします。)となっております。

信託スキームの概要

信託スキームの概要については上記に記載をした通りになりますが、このスキームによりまして、証拠金などはマネックス証券や預託先銀行などの信用リスクから分断されているため、より安心して取引することが可能となっております。