副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

楽天FXの取引方法について

あなたがこの記事をご覧いただいているということは、FXを行いたいと考えており現在FX業者に悩んでいることでしょう。ご存知の通りFX業者は国内国外合わせても多くの業者が存在しております。この中からFX業者を選ぶのはなかなか骨の折れる作業でしょう。

だからと言って、FX業者を選ぶときに適当にFX業者を選んでしまったら、それはあなたの今後のFX生活にとって大きな損失を与える可能性があります。それを防ぐためにも自分にあったFX業者を選ばなくてはなりません。

そこで今回はあなたのFX業者選びの参考になる、初心者にもオススメのFX業者をご紹介させていただきます。今回ご紹介させていただくFX業者は楽天でおなじみの楽天FXをご紹介させていただきます。

この楽天FXは、革新的な数々の機能と今までマーケットスピードで培ってきたノウハウを高次元で融合し、トレーディングをパワフルにサポートすることをモットーに運営を行なっているFX業者になります。

そこのシステムであるマーケットスピードFXは、楽天証券に口座がない人であっても今すぐリアルタイムの為替レートを無料でお試すことができるサービスを運営しているので、お試しに行なって見て自分に向いているかどうか試すことができるのがいいですね。それでは早速楽天FXについて次の項目から詳しくお話をさせていただきます。

 楽天FXの魅力について

コストを抑えた取引が可能

さてそれでは早速楽天FXについて説明をしていきます。まずお話をするのは、取引コストが安いということです。実はFXを行うにはどの業者も取引手数料等を設定しております。取引手数料というのは、売買1回につきかかる手数料のことを言いますが、短期トレードを主体にしている人は非常に費用がかかってしまいます。

そこで楽天FXについては、この取引手数料を無料にしているのが魅力の一つとなります。つまりトレードの1回1回にお金がかからないということになります。しかし、この取引手数料は、他にも取引手数料に似たものが設定されているのです。それはスプレッドと言われるものとなります。

スプレッドと言われる言葉はあまり聞きなれない言葉だと思いますが、簡単に言ってしまいますと、手数料の一種だと考えてください。スプレッドの説明させていただきますと、買いレート(ASK)と売りレート(BID)の差のことをスプレッドといわれております。

FXの取引では、ポジションを保有した直後ではそのスプレッドの分だけ必ず含み損となります。つまり利益を上げるにはスプレッド分以上に予想した方向に相場が動く必要があります。したがってスプレッドが狭ければ狭いほど利益を出しやすくなります。

スプレッドというのは、どこのFX業者でも設定をされておりますが、楽天FXでは全体的に
そのスプレッドが狭く設定をされております。つまり、通常の手数料は無料になっており、スプレッドも狭く設定をされているので、売買において最も安く取引ができるFX業者の一つといってもおかしくない業者となっております。そのためFXを始めたばかりの方でもオススメできるのです。

PCやスマホ等充実の無料アプリ

楽天FXで取引を行う際に必要となってくるのは、FXトレードを行うために必要な取引ツールになります。この取引ツールは楽天FXでは、4種類の取引ツールが存在しております。PC向け取引ツールとして、グッドデザイン賞を受賞した「マーケットスピードFX」や、インストール不要の「楽天FX-WEB」、モバイル向けとして、スマートフォン向けアプリ「i SPEED FX」、携帯電話ウェブに対応した「楽天FX-モバイルWEB」と幅広くトレードをできる状態を整えているのです。

また、当然全ての取引ツールに関しては無料で扱うことができ、使うのにも手数料等は一切発生をしません。しかし、一つ確認をしておかねばならないことは、使っているパソコンやスマホのバージョンによっては使えない可能性があります。そのため必ず使う際は、自分のデバイスがそのバージョンになっているかどうか、適応しているかどうかは確認してから使うようにしてください。

豊富な投資情報が取得できる

FXトレードを行い利益を出し続けるためにも、事前の情報収集は非常に大事になりますが、それ以上にタイムリーに情報を入手できるかも大事になります。為替に影響を与える情報が出た瞬間にチャートが大きく動くことはざらにあります。

つまり、その為替に影響を与える情報をいかにスピーディーに入手できるかが利益を上げることにつながります。その点楽天FXでは、そのような情報はタイムリーに更新をされており、しかもわかりやすく表示がされているため、初心者であっても比較的使いやすくなっているのが非常に魅力的となっております。

リスクマネジメント可能な取引でレバレッジも選択可能

取引を行う際、いかにリスクマネジメントできるかが利益を安定的に得るコツとなります。楽天FXではそこの点も抜かりがなく、レバレッジが選択可能となっております。レバレッジという言葉もあまり聞きなれたことはないと思います。これは簡単に説明をすると、手元にある資金以上に取引を行うことができるシステムなのです。

レバレッジについて例を挙げますと、あなたが10万円を資本金として持っていたとします。その時にあなたは当然10万円分の取引しか通常行えないですよね。しかし、レバレッジを使うと10万円以上の取引を行うことができるのです。それこそ20万円であったり200万円と言った高レバレッジもかけることができます。レバレッジ25倍と言ったら、10万円の資本金ですと250万円の取引が可能となるのです。

話は戻しますが、楽天FXではそれぞれコースごとに振り分けられております。下記にその一覧を記載しますのでご確認ください。
・スタンダード25倍コース(追加証拠金:有り ロスカット水準:50~95%[5%刻み]任意設定
レバレッジ10倍コース(追加証拠金:無し ロスカット水準:40~95%[5%刻み]任意設定
レバレッジ5倍コース(追加証拠金:無し ロスカット水準: 20~95%[5%刻み]任意設定
レバレッジ2倍コース(追加証拠金:無し  ロスカット水準:20~95%[5%刻み]任意設定
レバレッジ1倍コース(追加証拠金:無し ロスカット水準: 20~95%[5%刻み]任意設定

楽天株式会社の100%子会社

取引をする前に注目してほしい点は他にも存在します。それはそのFX会社が本当に信頼できるかどうかです。信頼のない会社を選んで取引をしてしまうと、最悪その会社が倒産などで運営できなくなってしまった場合、預けた資金等が帰ってこないことがあるのです。そこで楽天FXはどうなっているかどうかお話しさせていただきます。

楽天FXを運営する楽天証券というのは、誰でも知っている日本最大級のショッピングモールを運営する楽天株式会社の100%子会社となっております。楽天グループはショッピング事業以外にもトラベル事業やポータルサイトを運営し、金融分野では銀行、クレジットカード、電子マネー(エディ)、保険などの事業を幅広く展開しているのはご存知のことでしょう。

金融グループとしてみたときのサービス規模、歴史のいずれをとっても、楽天証券は日本を代表するネット証券の1社だと言えます。口座数に関しても、200万口座に達しており、その人気は伺えます。


顧客のプライバシーや財産に関する通信を、暗号化によって大切に守っておりセキュリティー面については万全になっております。「注文」に関するページおよび「資産状況」に関するページ等、プライバシーや財産に関わる重要な情報のやり取りをするページは、SSLという暗号化のプロトコル(通信規約)を使用して接続されているので安心してください。

楽天FXサービス概要について

取扱通貨ペアについて

それではここからは、実際にトレードを行なっていく上で必要な知識について見ていきましょう。まず楽天FXが提供している取引通貨ペアについてお話していきます。まず取引できる通貨ペアは24通貨ペア取引をすることができます。短期トレードでも中長期トレードでも必要な通貨ペアは揃っておりますので、初心者の方も安心して取引を行うことができます。

下記に取引可能な通貨ペアを記載させていただきますので、取引の参考にして見てください。
米ドル/円、ユ-ロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、ランド/円、カナダドル/円、スイス/円、香港ドル/円、SGドル/円、Nクローネ/円、トルコリラ/円、人民元/円、ユ-ロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドル、NZドル/ドル、ドル/スイス、ポンド/スイス、ユーロ/ポンド、ユーロ/スイス、豪ドル/スイス、NZドル/スイス、豪ドル/NZドル

取引単位は?

続いては取引単位についてお話をしていきます。楽天FXで取引を行えるのは、1,000通貨から取引が可能となっております。たいていの取引可能な通貨単位は、10,000通貨からが基本ではありましが、最近では1,000通貨も増えてきております。1,000通貨から取引が可能ということは、少ない額からでもFXが行える、要は少ないリスクで取引が可能な魅力もありますので、そのようなトレードを行いたい人にはオススメです。

取引数量の上限は?

1回の取引において上限値というものも設定をされております。楽天FXでの取引数量上限は、1回の注文で200万通貨単位までとなっております。最大ポジション合計金額は30億円相当額となっておりますので覚えておきましょう。

スプレッドについて

先ほど上記でも記載をさせていただきましたが、レバレッジはコースごとに分かれておりますので注意しましょう。スタンダードでは25倍、コースレバレッジ10倍コース、レバレッジ5倍コース、レバレッジ2倍コース、レバレッジ1倍コースとなっております。

注文機能について

楽天FXの注文機能については、トレードに必要な注文機能をあらかた揃っております。ASストリーミング注文、指値、逆指値注文、IF-DONE注文、OCO注文、IF-OCO注文とスタンダードな注文方法が揃っております。

注文の期日について

楽天FXで注文を行なったポジションの期日については、 DAY(当日中)、WEEK(週末)、GTC(無期限)のように表されます。期日が違った注文を行なったりする場合は注意する必要があります。

必要証拠金は?

必要証拠金つまりはそのポジションを持つのに必要な資金についてもお話をしていきます。それはレバレッジによって変わってくるのですが、下記にそれぞれの必要な必要証拠金のパーセントを記載するので参考にして見てください。

スタンダード25倍コース
4%
レバレッジ10倍コース
10%
レバレッジ5倍コース
20%
レバレッジ2倍コース
50%
レバレッジ1倍コース
100%

追加証拠金について

スタンダード25倍コースのみに適応されるものとして、追加証拠金というものがあります。これは先ほどお話をさせていただきました、必要証拠金を下回った時に発生するものなのですが、その場合はそれを上回るように資金を入金しなければ、ポジションを自動で決済されてしまいます。そうならないためにも、きちんとリスク管理は徹底して行なっていきましょう。

ロスカットについて

トレードを行うにはロスカットというものにも触れなければなりません。そのロスカットいうのは、強制決済と言われております。そのロスカット楽天FXでは下記のような判断基準で実行されますので注意しましょう。

スタンダード25倍コース
50~95%(5%刻みの任意設定)
レバレッジ10倍コース
40~95%(5%刻みの任意設定)
レバレッジ5倍コース
20~95%(5%刻みの任意設定)
レバレッジ2倍コース
20~95%(5%刻みの任意設定)
レバレッジ1倍コース
20~95%(5%刻みの任意設定)

スワップポイントについて

スワップポイントというのは、金利の低い国の通貨から金利の高い国の通貨のポジションを持った時に発生する、金利差を利用した方法で利益を得るトレードで使われます。楽天FXではこのスワップポイントを公開しているので、自分の取引したい通貨のスワップポイントを確認して、どれだけの利益が見込めるのかは確認してから実行に写るようにしてください。

信託保全について

楽天FXでは、為替証拠金を財産と区分した上で顧客のそれよりお預りした金銭であることを明確に区分し管理しています。また、信託保全をおこなっているため、万が一破綻した場合であっても、預託した楽天FX証拠金等は返却されるので安心してださい。

楽天FXの入出金サービスについて

FXリアルタイム入金/FXらくらく入金について

最後には楽天FXの入出金についてお話をさせていただきます。入金については、無料で利用できます。手続きが正常に終了した場合、ネットバンキングから送金された資金は、リアルタイムかつダイレクトにFX証拠金口座の純資産額に反映される仕組みになっております。

サービス概要ついて

入金方法には2通りあり、先ほど話をさせていただいた入金方法と、楽天FXリアルタイム入金という方法があります。前者については、楽天銀行ウェブサイトにアクセスすることなく簡単スピーディーな資金移動が可能となっているが特徴です。

後者に関しては、楽天FX取引口座内から各銀行のネットバンキングサービスを呼び出して入金します。

証拠金の入金方法について

証拠金の入金方法についても見ていきましょう。証拠金の入金方法で使えるのは、FXリアルタイム入金/FXらくらく入金であり、楽天FX取引画面内から利用することができるのです。

FXリアルタイム入金の場合

FXリアルタイム入金については先ほども話をした通り、楽天FX取引口座内から各銀行のネットバンキングサービスを呼び出して入金できるようになっております。しかし、できる銀行に限定されているので下記を参考にできる口座があるか確認は必ず行なってください。
楽天銀行三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行セブン銀行りそな銀行埼玉りそな銀行近畿大阪銀行住信SBIネット銀行

利用上の注意

利用上の注意としては、必ず上記の銀行でないと行えないという点にあります。もしどの銀行もお持ちでない場合はいずれかの銀行と契約する必要が出てきます。また、システムの関係上、メンテナンス時間帯ではこれも利用することができませんので、併せて注意が必要になります。