副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

カブドットコム証券の取引方法

あなたがこの記事をご覧になっているということは、FXを始めるにあたってFX会社を探している最中のことでしょう。そして数あるFX会社の中から、まだどの会社を選んだら良いのか迷っていることでしょう。

FX会社というのは国内にもたくさんの会社がありますが、海外にはそれ以上の会社が存在しております。そのようなたくさんあるFX会社の中から1社選ぼうとすると最後は適当に選びがちになります。

この判断は後々のFXトレード生活において、必ずあなたのマイナスになってしまうことでしょう。なぜならFX会社において特徴が全く違うからです。もっと言ってしまえば、トレードスタイルによっては、全く合わない会社も中にはあります。

そのため今回この記事では、そんなFX会社を選んでいるあなたの参考になるよう、初心者にオススメなFX会社をお伝えさせていただきます。今回ご紹介させていただくFX会社は、カブドットコム証券です。

このカブドットコム証券では、顧客の投資方法に合わせて3つのパターンからFXを行うことができるのです。まず1つ目はシストレと言われる売買方法で、何と言っても魅力的なのはスプレッドが狭いということです。しかも全自動で取引を行ってくれるので、時間がない人でも気軽に取引を行うことができるのです。このシストレというのは、カブドットコムが一番推している、FXトレード方法となっております。ドル円のスプレッドは0.5銭で、取引通貨単位は1,000通貨から行うことができる手軽さとなっております。

続いては店頭FXと言われる取引方法となります。これは先ほどの方法よりかはスプレッドが低くはありませんが、ドル円を0.6銭のスプレッドで行うことができるのと、スマホアプリや高機能トレーディングツールでの取引、株式・投信担保可能となっております。スリッページ無しで約定することができる店頭FXサービスとなっております。


最後にご紹介させていただく取引方法は、クリック365と言われる方法になります。この方法では取引手数料が無料となるのが非常に魅力的となっております。取引可能な通貨は13通貨29ペアとマイナー通貨もカバーしているので、このような通貨を使いたいような人にはオススメのものとなっております。

さて次の項目からは、カブドットコムの詳細な話に移っていきます。

カブドットコム証券の店頭FXの魅力とは?

取引コストが無料で、主要ネット証券屈指の低スプレッド

それではカブドットコム証券のさらなる魅力についてお話ししていきます。まず初めにお伝えしたいのは、スプレッドが低いということです。

FXを初めて行う人にとっては、スプレッドという言葉は聞きなれないと思いますが、簡単に言ってしまうと、手数料ということになります。FXトレードを行う場合はどのFX会社もこのようなスプレッドというものを設定しており、本来のレートとは違った少し高めの価格で購入したり、低めの価格で売りに出さないといけないのです。この時の価格と本来のレート差をスプレッドというのです。

そのスプレッドがカブドットコムでは、ドル円が0.6銭、そしてユーロ円1.1銭とFX会社全体から見たら安めの設定になっているのが魅力的です。また、手数料はもちろん無料となっており、安心して取引を行うことができます。

外出先でも安心のスマホ対応

FXトレードを行う時に、家でしかできないというのは非常に不便です。なぜなら外出先で急な値の変動やニュースが起こった場合、早急に対処しなくてはならない時があります。そうなった時に、外出先でこれらを操作できないというのは、非常に不便となってきます。

カブドットコムではそのような心配はなく、パソコンだけでなくタブレットスマートフォンにもしっかりと対応をしているのです。しかも使い勝手も非常によく、操作性も抜群なので安心してトレードを行うことができます。外出が多いような人にはもってこいのサービスになっているわけですね。

現金0円でも株式、投信を担保に取引可能!

カブドットコムでは、現金0円でも株式や投信を担保にすることで、取引が可能となるサービスを提供しております。資産を効率的に行うためにも、現金0円でも保有している現物株式・投資信託(一般型)を店頭FXにおける証拠金として活用し取引することが可能となっております。

無料で利用可能な為替関連マーケット情報

この項目で最後にご紹介させていただきますのは、無料の為替関連マーケット情報が充実しているということです。このような情報は、毎日更新の動画やテクニカル分析をはじめとして、経済指標や市況情報など満載してお送りしております。

また、情報に関してもタイムリーに提供をされているので安心です。トレーダーにとって情報というのは、利益を上げるか損失を出すかの重要なツールの一つとなっております。そのため、もしこの情報の入手が遅れれば、最悪大きな損失にも繋がりかねないので、情報収集には常にアンテナを張り巡らして置きましょう。

店頭FXの取引概要とは?

取引通貨ペアは?

さてここからはカブドットコムの詳細な取引方法についてお話をしていきます。まず初めに話をしなければならないのは、取引通貨ペアについてです。いざトレードを行おうと思っても、どの通貨をどの通貨で購入するか決まらねば取引をすることはできません。好きにどの国でも取引ができるというものでもないので注意をしましょう。

FX会社によって取引できる通貨ペアというのは変わってきます。カブドットコムでは取引可能な通貨ペアは、12通貨ペアとなります。扱っている通貨自体は10通貨となっているので覚えて置きましょう。下記にはカブドットコムで取引が通貨ペアを記載させていただきますので、取引の参考にして見てください。

米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ニュージーランドドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、香港ドル/円、シンガポールドル/円、南アフリカランド/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル

取引レート提示は?

取引レートの提示についても見ていきましょう。通常取引を行う際は必ず買いと売りの金額が提示されております。この方式を2-Wayプライスと呼ばれておりますが、初心者の方は同じ時間なのに、売りと買いで価格に差が出ていることに驚かないでください。

この差というのは、この後もお話をさせていただきますが、スプレッドと呼ばれるものでトレードの時は常にこのスプレッドは発生しますので覚えておきましょう。

売買単位と1回当たりの上限とは?

トレードを行うときに最低取引可能単位というものがあります。カブドットコムでは取引可能な最低単位は10,000単位となっております。ちなみに1回の取引において可能な最大注文数というものも決められております。それは500万通貨までとなっており、成行注文の場合は200万通貨までとなっているので、取引の際は気をつけてださい。

必要証拠金額について

FXトレードを行う際にどうしても気をつけなければならないのは、必要証拠金というシステムになります。この必要証拠金というのは、カブドットコムが定める証拠金基準額を現金または代用有価証券で差入れてもらうこととなるのです。

個人で取引をする場合は、通貨ペアにより10,000通貨あたり25,000円から1,000,000円または取引金額の4%のいずれか大きい額以上(レバレッジの上限は約25倍)となりますので覚えておきましょう。

株券と投資信託の担保活用

先ほどもお話をさせていただきましたが、株券や投資信託も店頭FX証拠金として利用することができるのです。株券の担保掛目は前営業日の最終価格(気配)の70%、投資信託の担保掛目は前営業日の基準価額の70%となります。また、投資信託については、一般型のみ代用有価証券として差し入れ可能となっているので注意しましょう。累投型、MMF中期国債ファンドは代用有価証券にできませんので事前に覚えておいてください。

自動ロスカットについて

どのFX会社でも導入をしておりますが、ロスカットについてもお話していきます。このロスカットというのは、強制的にポジションを解消させてしまう恐ろしいシステムなのです。元々は、トレーダーに大きな損失を出させないための、運営側のリスクマネジメントなのですが、トレーダーからしたらショックがでかいことになります。これからFXを始める人については、なるべくこのようなシステムのお世話にならないよう、リスク管理については万全に行なっておくようにしてください。

証拠金管理ルールについて

証拠金のルールについてもお話をしなければなりません。この証拠金というのは、原則カブドットコムが一日一回朝に次のような判定を行い、該当した場合に決定されてしまいます。
(1)受入店頭FX証拠金(店頭FX用証拠金合計額)と必要FX証拠金の比較
(2)FX決済損金と店頭FX証拠金現金の比較
上記判定の結果、当社の定める条件を満たしていない場合には、(1)は追加証拠金発生、(2)はお預り金からの強制振替実行となります。

この強制振替実行というのは、いわゆるロスカットということになりますので、証拠金の管理というのはしっかりと行なっておくようにしてください。

証拠金規制による未約定新規オーダーの強制取消と未決済ポジションの強制決済について

営業日ごとのニューヨーククローズ時点(米国東部時間午後5時、すなわち米国が標準時間の期間は日本時間午前7時・米国が夏時間の期間は日本時間午前6時)において取引口座の純資産が法定預託金を下回った場合には、カブドットコムの定める日時までに確定したすべての不足額を解消しなければ取引を継続することができなくなっているので注意しましょう。

取引時間について

トレードを行える時間についても気になるところです。FXのトレード時間については、日本時間月曜日午前7時から土曜日午前7時となっております。注文受付可能時間については別枠で設定をされており、休日を含む毎日24時間となっているので覚えておきましょう。

なお、システムのメンテナンス時間も設けられており、日本時間月曜日午前6時30分から7時及び日本時間土曜日午前6時50分から12時(米国夏時間:午前5時50分から12時)、それと毎営業日日本時間午前6時57分(米国夏時間の場合,午前5時57分)から約15分間程度(システムの日次処理)がシステムメンテナンス時間となっております。

注文の期日について

注文の期日については注文をした方式にもよりますが、取消するまでの取引については、顧客の売買が取消されるまで有効となっております。週末までを選んだ場合は、注文を出した週の金曜日ニューヨーク午後4時まで有効となっております。最後に当日限りを選んだ場合は、注文を出した日のニューヨーク時間午後5時まで有効(金曜日は1時間繰り上げ)となります。

注文の機能について

カブドットコムの取引方法については、成行、指値、逆指値、イフダン、OCO、複数決済など豊富な注文が可能となっております。FX初心者の方については、色々と取引方法はありますが、成行注文でまずは相場を慣れることから始めていきましょう。そうでないと、他の注文をしたとしても、相場の流れが分からなければ適切な注文を行えることができませんので注意してください。

スワップポイントについて

スワップポイントというのは、金利差から利益を上げる方法で使われるものとなります。スワップとはなかなか聞き慣れない言葉ではありますが、金利の低い国から金利の高い国の通貨を持つと、そこに金利差が生まれます。

この金利差を利益として受け取ることができるのですが、これをFX会社が独自で設定をしており、FX会社によって貰えるスワップポイントが違ってくるのです。カブドットコムは割とスワップポイントは広めに設定をされているので、中長期トレードとしては向いているFX会社と言えるでしょう。

レバレッジ規制ルールについて

レバレッジという言葉を聞いたことはありますか?これはFXを行う人にとっては必ず知らなければならない言葉になります。簡単に話をしますと、手元にある資金以上の取引を行えるのがレバレッジのシステムとなっております。

10万円手元にあったとした場合、本来は10万円の取引しか行うことはできませんが、レバレッジを使えば20万円や200万円といった取引を行うことができるのです。FXにおいては、このレバレッジを使うことによって大きな利益を生み出すことができるのです。

会社の信頼性について

FXを行う上でFX会社の信頼性というのは非常に重要になります。カブドットコムについては、そのような心配がない格付けが「A+」を6年超維持しております。また見通しも引き続き「安定的」であり、ネット証券およびFX会社の中で最上位となっております。

カブドットコム証券の入出金サービスについて

入金について

最後にお話をしていくのは、入出金サービスについてです。まずは入金方法なのですが、これにはいくつか方法があり、まずはネット振り込みについてお話をしていきます。このネット振り込みについては、インターネットバンキングから、当社銀行口座へ振り込みすることができるのです。ネット振込決済サービスなら、買付可能額への反映は、24時間365日いつでも即時対応できるのが便利なところです。

続いては口座振り込みについてですが、これは通常の銀行からの振り込みになります。そのため、銀行の営業している時間帯ではないと対応できないので注意が必要です。

出金について

出金については非常に魅力的で、100億円未満までなら即日出金が可能となっているのです。ゆうちょ銀行以外の全ての金融機関で100億円未満の即日出金が可能となっており、100億円未満の大口出金が即日できるのはカブドットコムだけとなっております。

外貨での入出金について

通常入金をする際は、日本円で入金をする人がほとんどだと思います。しかし、カブドットコムは日本円以外の入金についても対応しているのです。6通貨については現状入金が可能となっております。

その通貨というのは、米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル南アフリカランド、メキシコペソとなっております。