副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

上田ハーローFXの取引方法について

あなたがこの記事をご覧になっているということは、FXに興味がありどのFX業者でトレードを行おうかと迷っているところでしょう。FXトレードを行うには、必ず国内もしくは海外のFX業者を使わなければ、FXトレードを行うことができないような仕組みとなっております。

しかし、一言でFX業者と言っても、かなり多くのFX業者が国内だけにとどまらず海外にも存在します。その数ある中から自分にあったFX業者を探すことこそ、FXトレードで利益を上げれる近道になります。逆を言えば、FX業者を選ぶ段階で自分にあったFX業者を選べなければ、トレードの時に負わなくてもいいリスクを負う可能性があります。

そこで今回は、あなたにオススメのFX業者をご紹介させていただき、それとともにFXについてのこともお話をさせていただきます。今回ご紹介させていただきますFX業者は、初心者の方にオススメの上田ハーローFXになります。もしこの記事をご覧いただいた後に、上田ハーローFXに魅力を感じるのであれば、それはあなたにとって適したFX業者であるので選んでみてはいかがでしょうか?

それでは早速話の方を進めていきますが、初めに上田ハーローFXだけの限定サービス特典についてお話させていただきます。どうせ契約するのであれば、特典サービスがあった方が良いですもんね。

そのキャンペーンというのは、2017年4月3日から6月30日まで行われております両替手数料無料というキャンペーンになります。通常であれば両替手数料が発生をするのですが、この期間だけ両替手数料が無料になるという嬉しいキャンペーンを実施しております。通常のFX業者であれば、必ず発生するのでありますがそれが発生しないのは、利益をあげる上で非常に重要になります。まずはこのようなキャンペーンを行なっていることを覚えておきましょう。

上田ハーローの強みとは?

情報発信力が魅力

それではここからは上田ハーローの強みをお伝えいたします。まず初めにお伝えしたのは、上田ハーローの情報発信力です。上田ハーローでは、多様な手段で有益な情報を届けているのです。独自に開発をしたツールである「FX Museum」や、メールマガジンそいしてSNSなどを使って情報発信を行なっております。入門的なFXセミナーや著名な講師陣を招いたWebセミナーも随時開催して、FXについて解説していますので、まさに初心者にはもってこいのサービスになります。

PC、スマホタブレット、携帯でも利用できる取引システム
トレードをする時に気になるのはいつでもトレードができるのかどうかですよね。パソコンでトレードができるのは当然ながら、スマホタブレットでも取引が可能だというのも嬉しいですね。

普段は家でのトレードがメインになると思いますが、ほとんどの方が副業としてFXトレードを行なっているはずです。そうなってくると、必ずしも自宅以外でポジションを管理しなければいけなくなりますよね。その時にスマホタブレットを使えるのは非常に便利です。こう言ったことができるのは嬉しいですね。

安心のサポート窓口

初心者には嬉しい上田ハーローの安心サポートも備え付けれらております。FXトレードについて熟知している上田ハーロー社員が直接対応してくれるので、リアルタイムに相談することができるのです。

問合せ時間については、月曜から金曜日までは朝の8:00から夜の20:00まで対応しているのが嬉しいですね。しかも祝日に関しては朝の9:00から夕方の17:00まで行なっているので、祝日まで行なっているのは働いている人にとっては非常にありがたいですね。

上田ハーローの信頼性は?

信託保全より顧客資産を守る

ここからは資産を運用する際に重要になってくる、上田ハーローFXの信頼性についてお話ししていきます。いくらトレードができて利益を上げれたとしても、その利益がきちんと担保されないと安心してトレードなんかできませんよね。もっと言えば、あなたの預けた資金がきちんと戻って来なければ心配でしょうがありません。

しかし、上田ハーローFXについてはその心配がありません。なぜなら上田ハーローFXでは金商業等府令に基づき、顧客から預かった保証金等については、固有資産とは明確に区分し、日証金信託銀行株式会社とみずほ信託銀行株式会社へ金銭信託をしているからなのです。これが上田ハーローFXで安心できる理由になります。

上田ハーローFXの信託保全について

上記でお話をさせていただいた通り、金銭信託をしているため、仮に上田ハーローFXが破綻した場合出であっても、信託銀行から受益者代理人を通して、顧客資産の返還が行われる仕組みになっております。

信託財産は、信託銀行固有の財産から切り離して取り扱われるため、信託銀行が倒産した場合でも、信託銀行の債権者が信託財産に対して強制執行や仮 差押などを行うことはできませんので信託銀行の破綻といった事態からも保全されますので安心です。

上田ハーローFXの取引概要について

取引単位はいくら?

さてここからは、トレードを行う時に必要な知識を上田ハーローを交えてお話していきます。まず初めにお話をしたいのは、取引単位がいくらからなのかということです。取引単位は好きなように自分で設定できるものかと思いますが、最低の取引単位には下限があるのです。つまりはそれ以下の取引を行えないということです。

それでは上田ハーローFXで取引できる通貨単位というのは、1,000通貨単位から可能となります。これは他の業者よりも非常に少ない取引単位となっております。他の業者ですと普通取引可能な単位が10,000通貨からとなります。これは気軽にFXトレードを始めてみたいという人や、リスクを極力避けたい人には少しハードルが高いものとなります。

しかし、上田ハーローFXではそれよりも1/10にも相当する1,000単位でできますので、気軽にできるのが魅力です。ですが少し注意が必要なのは、南アフリカランド/円、ノルウェークローネ/円、メキシコペソ/円、香港ドル/円、オフショア人民元/円、米ドル/オフショア人民元に関しては、10,000通貨単位が最低取引可能単位とりなりますので注意しましょう。

お勧めの投資スタイルとは?

上田ハーローFXのおすすめFXトレードについてお話をしていきます。主に考えられるトレード方法としては、積極的に売買を行なっていく短期トレードと、中長期的にポジションを保持する中長期トレードです。

まず短期トレードというのは、その名の通り短期で売買を行なっていくというスタイルです。このトレードではこの後お話をさせていただきますが、レバレッジをかけることによって、短期間にトレードを行い大きな利益を上げることが可能なのです。

そして次は中長期トレードです。この中長期トレードはこれもこの後お話をさせていただきますが、金利差を利用したスワップポイントを目当てにトレードする方法となります。これを行うことで、ポジションを持っていれば持っているほど利益が増えていくというトレードスタイルになります。これらの取引が上田ハーローFXではおすすめの取引方法となります。

レバレッジは最大いくら?

それではここからは、先ほどからお話をしているレバレッジについてお話をしていきます。このレバレッジというのは、FXトレードを行うには欠かせないものとなります。普通トレードを行うには自分が持っている資産以上のトレードができないのは当然ですよね。しかし、自分が持っている資産以上の取引をできるのがレバレッジなのです。そのレバレッジ上田ハーローFXでは25倍のレバレッジで行うことができるのです。

たとえば、100円の資金を持っていた場合、普通100円の取引しかできませんよね。しかし今話しているレバレッジを使うことによって、100円以上の取引を行うことができるのです。そう、200円であったり1,000円、そして2,500円も可能になるのです。

それではレバレッジの表現の仕方を見ていきます。100円の資産の資産を持っている人が、100円の取引を行う場合はレバレッジ1といいます。そして400円の取引を行った場合は100円に対して4倍の取引を行っているので、レバレッジは4倍と言う事になるのです。

つまりこの場合、25倍のレバレッジをかけるときは、100円の時は2,500円の取引が可能となります。レバレッジはFXトレードにおいては、当たり前のように使われております。先ほどから話している通り、資産以上の売買を行えるため小額で大きな利益を得ることができるのが非常に魅力的です。

必要保証金は?

必要保証金についても触れていきます。必要保証金というのは、そのポジションを保持するのに必要な金額となります。この金額がなければもちろん売買を行うこともできませんし、もっと言えばこの後お話をさせていただく、ロスカットになる可能性もあります。

それでは上田ハーローFXの必要保証金についてお話をします。取引の額(想定元本)
× 4%以上というのが必要な保証金となりますので覚えておきましょう。

日次ポジション維持保証金は?

日次ポジション維持保証金についてもお話をしていきます。それは取引の額(想定元本) × 4%以上となるのです。これは毎日ポジションを持つのに必要な金額になります。もしこれが割れてしまった場合、それ以上の入金ができない場合強制的にロスカット、つまりは強制決済になるので気をつけていきましょう。

常時ポジション維持保証金は?

続いては常時ポジション維持保証金についてもお話をしていきます。それは取引の額(想定元本) × 2%となるのです。これは先ほどのものとは違い、日にちをまたぐ必要がなく、この金額を割り込んだ場合、すぐさまロスカットである強制決済を行われます。これはいくら自分が決済をしたくなくても、問答無用で決済されますので、このようなリスクを負うようなトレードを行わないようにしましょう。

取引通貨ペアは?

トレードを行う場合は、どの通貨を取引に使うか決めなければなりません。その通貨ペアは上田ハーローFXでは24種類もの取引ペアがあります。これらの通貨ペアは短期トレードに向いているものもあれば、中長期トレードに適した通貨ペアもありますので、初心者の方にはおすすめな通貨ペアが揃っております。それらの通貨ペアを下記に記載をしますので、ぜひ参考にして見てください。

米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、南アフリカランド/円、ノルウェークローネ/円、メキシコペソ/円、香港ドル/円、シンガポールドル/円、オフショア人民元/円、スイスフラン/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、豪ドル/NZドル、ドル/スイスフラン、ユーロ/スイスフラン、ポンド/スイスフラン、ユーロ/ポンド、米ドル/オフショア人民元、ユーロ/豪ドル

一注文あたりの最大取引額は?

なかなか会うことはないですが、一注文あたりの最大取引額が決められています。つまりその取引通貨以上の取引を行う場合は、分割して行わなければなりません。そういう上限があることは覚えておきましょう。下記には通貨ペア毎の上限を記載しますのでご確認ください。南アフリカランド/円、オフショア人民元/円、米ドル/オフショア人民元は100万通貨単位、メキシコペソ/円は200万通貨単位、ノルウェークローネ/円、香港ドル/円は1,000万通貨単位、その他の通貨ペアは300万通貨単位

預入可能な保証金の種類は?

では実際に取り行きを開始したいと思いますが、まずは取引に必要な資金を振り込まなければなりません。しかしこの入金する資金はなんでもいいというわけではありません。預け入れ可能な資金については、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフランカナダドルシンガポールドル香港ドルの10通貨となります。これ以外の通貨ではできませんのでお気をつけください。

現受渡し、手数料について

現受渡しについてもお話をしていきます。それは預入可能な保証金と同じものとなり、現受渡し手数料は1通貨につき10ポイントになります。たとえば、米ドル/円の場合は、1ドルにつき10銭になります。

取引時間は何時から何時まで?

実際に取引を行うときにいつからいつまで取引を行えるのでしょうか?それは米国夏時間については、日本時間月曜AM7:00から土曜AM5:45となります。そして米国冬時間については、日本時間月曜AM7:00から土曜AM6:45となります。FXトレードの強みは何と言ってもいつでも取引を行えるところにあります。しかし、土日についてはトレードが行えないようになっているので覚えておきましょう。

取引コストは?

上田ハーローFXについては取引コストがかかりません。手数料も何も必要としないところが魅力の一つです。他のFX業者を見ても取引手数料が無料なものはなかなかないので、初心者だけではなくそれ以外の方にも魅力の一つです。

維持手数料は?

資本金やポジションの維持に手数料はかかるのかと思う方も時々いますが、それに関しては全く考える必要はありません。なぜなら維持手数料は全くかからないからなのです。つまりどれくらいポジションを保有し続けようが、手数料はかからないということです。

ロスカットについて

先ほど少し触れましたが、ロスカットについてお話をします。ロスカットというのは強制決済のことです。先ほどお話をしました日次維持率を100%、常時維持率が100%を割り込んだときにロスカットになりますので注意しましょう。

注文機能は?

上田ハーローFXの注文機能については、スピード注文、S(スピード)決済注文、ライブトレード、成行、指値、逆指値、OCO、IFD、IFDOCO、トレールなどがあります。しかし、初心者の方にオススメするのは、成行トレードになります。成行トレードをある程度経験して、相場の流れを掴まない限り他の注文を行なってもなかなかうまくいきません。

決済ポジションの指定は?

決済ポジションの指定については可能となります。事前に注文に組み込んでおくことによって可能となりますので覚えておきましょう。しかし、初心者の方はまだどこを決済のポジションにするべきかわからないと思いますので、慣れてきたら使うようにしましょう。

両建てについて

ポジションの持ち方に両建てというものがあります。これは上田ハーローFXでも行うことができる方法です。この両建てというのは、買いと売りのポジションを同時に持つという方法です。しかし、あまり推奨されている方法ではありませんのでおすすめはできません。

スワップポイントについて

先ほど中長期トレードのところでお話をしましたが、スワップポイントを狙った取引等も可能となります。これは金利の低い国の通貨から高い国の通貨を取引したときに発生する金利差から利益を得る方法となりますので、もし中長期トレードに興味がある場合は覚えておきましょう。

サーバーメンテナンスについて

あまり気にならないと思いますが、サーバーメンテナンスの時間もあります。これはトレードができない時間帯の毎週土曜日12時から18時までとなっております。ですのでサーバーメンテナンス時間というのを気にせずトレードをすることができるのです。

土・日の注文受付について

基本的には土日の注文受付については対応できません。しかし、スピード注文、ライブトレード、成行以外の発注・取消・変更が可能となります。どうしてもこれらの注文を行いたい場合は対応が可能となります。しかし、上記に記載の通り、サーバーメンテナンス時間は対応できませんので注意しましょう。

入出金サービスについて

最後に入出金サービスについてお話をします。入金についてはネットから振り込めるクイック入金と、通常の銀行振込があります。前者については手数料がかかりませんが、後者については手数料がかかりますので覚えておきましょう。

また、出金に関しては2営業日以内となり、手数料は向こう負担になりますので安心して出金サービスを使用することができるでしょう。