副業としてFXを使って月10万円以上儲けるためのブログ

副収入をFXで月10万円以上得るために必要な、知識やテクニックをご紹介します。

FXブロードネットの取引概要!ブロードライトコースとは!

あなたが今この記事をご覧いただいているのは、FXに興味があり始めてみたいと思っているからでしょう。しかし、FXを始めるに当たってたくさんあるFX業者からどの業者を選んだ方が良いのかわからずにいるところだと思います。

 

今ではFXは副業の中でもかなり人気の高いものになってきております。この人気には誰でも簡単に始められるという魅力があるのと、やり方によっては他の副業よりもかなり稼ぐことができるのです。しかし、やり方を間違ったり、自分に適していないFX業者を選ぶことによって、利益を得れるどころか逆に損失を出す結果になることもあります。

 

そうならないためにも今回この記事では、人気の高いFX業者をご紹介させていただき、そのFX業者のシステムを元にFXの行い方もお話しさせていただきます。今回ご紹介させていただくFX業社はFXブロードネットになります。そのFXブロードネットの中でも、初心者の方も安心して売買ができる、ブロードライトコースについてお話をさせていただきます。

 

このFXブロードネットのブロードライトコースの魅力を話させてもらうと、業界高水準の低スプレッドであるということです。FXを行なったことがない人は、あまり聞き慣れない言葉ではあると思いますので、簡単にスプレッドについて解説をさせていただきます。

 

スプレッドとは簡単に言ってしまえば、FX業者の手数料みたいなものだと思ってください。FXトレードを行う際は、トレード画面に売り値と買い値の2つの価格が同時に表示されております。普通に考えれば、同じタイミングであれば、売値も買値も同じ額のように思いますよね。実は違うのです。それぞれ微妙に数値が異なっているのです。この売り値(bid)と買い値(ask)の差をスプレッドというのです。

 

つまりFXブロードネットのブロードライトコースでは、他のFX業者よりも狭いスプレッド、要は手数料でFXトレードを行うことができるのです。これは特に短期売買する人にとっては重要なことになります。なぜなら短期売買のトレーダーは、一日に多くのトレードを行なっていきます。スプレッドは1回の取引では些細なものかもしれませんが、チリも積もれば山となるといいますように、最終的にはかなりの額になる恐れもあります。こういった、かからなくてもいいコストを抑えられるのがFXブロードネットのブロードライトコースの良い点になり、初心者にもお勧めできるのです。

 

FXブロードネットの魅力について

取引コストが安い!

それではここからはより詳しく、FXブロードネットのブロードライトコースについてみていきましょう。まずお話をさせていただきたいのは、FXトレードを行うのに発生する取引コストについてお話ししていきます。

 

先ほどもお話をしましたが、トレードを行うには取引手数料に当たる「スプレッド(売値(Bid)と買値(Ask)の差)」が存在します。他のFX業者ではそれ以外にも、取引手数料を設けている業者もありますが、FXブロードネットのブロードライトコースではそれ以外の手数料はかからないので安心して取引を行うことができます。

しかもその取引手数料つまりはスプレッドが非常に狭いというのもFXブロードネットのブロードライトコースの魅力であります。しかし、一つだけ注意をしなければならない点が、常にこのスプレッドは狭いというわけではありません。どういうことかと言いますと、市場の流動性が低い時間帯や市場急変時、主要経済指標の発表前後などは、スプレッドが大きく動くことがあります。その前後での取引を行う際には、この点には気をつけてトレードするようにしましょう。


PCからスマホまで使いやすい取引ツール

続いてお話をしますのは、トレードを行うのに必要なトレードツールになります。このツールがなけれえば、そもそも取引自体ができないのです。しかし、FXブロードネットの取引ツールについては、シンプルでとても使いやすい取引ツールとなっております。しかも使えるのはPCだけではなくて、スマートフォンにも対応しているのも嬉しいですよね。

 

まずパソコンの取引ツールなのですが、こちらはダウンロード版とブラウザ版と両方から取引スタイルを選ぶことができます。ダウンロード版ですと、一度ダウンロードをしなければ、取引ツールを起動することができませんが、一度ダウンロードをしてしまえばすぐに起動を行え取引を開始することができます。ブラウザ版ですと、一度インターネットに繋がなくてはなりませんが、ネット環境があればどこでもできるのも魅力です。

 

続いてスマートフォン版についてなのですが、PC版の内容をスマートフォンの画面でも見やすいようになっております。そのため自宅でのパソコン操作だけでやるのではなく、同じ感覚で外出先でもいつでもどこでもトレードを行えるのが魅力です。特にどうしてもポジションを持って外出しなければならないような時に重宝するものとなります。

 

小額から取引が可能

たいていのFX業者ですと、最低取引可能通貨単位は10,000通貨というところが多いです。これだと少ない額でやって見たいという人には、なかなか敷居が高くなてしまいます。しかし、FXブロードネットではそんなことはなく、10,000通貨以外にもそれより少ない通貨単位である1,000通貨からでも十分に取引を行うことが可能なのです。

 

例えば通貨ペアのドルと円を考えてみますと、1ドル=100円のときに米ドル円を10,000通貨取引するとします。その時に必要になる証拠金というのは、4万円になるのですが、1,000通貨の場合ですとなんと4,000円で取引ができてしまうのです。これは初めてFXトレードを始めたいという方や、少ない額で投資を行って見たいという方にはうってつけのシステムと言えましょう。


安心の100%信託保全

FXトレードを行っている時に不安になってくることは、何も利益を上げれるかどうかだけではありません。そのほかにも、そのFX業者に預けたお金がちゃんと守られているのかということも大事になってきます。どういうことかというと、何か不測の事態が会った時、要はその会社が倒産等をしてしまっ時に、お金がきちんと戻ってくるのかということです。

 

FXブロードネットについてはその心配はほとんどないと言えるでしょう。なぜなら顧客から預かっている証拠金は、三井住友銀行金銭信託口座に自己資金とは区分して管理しているからです。つまりこのFXブロードネットが倒産してもちゃんと戻ってくるということになります。なかなかこのようなことにはなりませんが、どのようなFX業者も可能性はゼロではありませんので、安心できるに越したことはないですよね。


自動リピート型注文トラッキングトレードについて

ラッキングトレードとは?

ここからはFXブロードネットの自動売買システムについてお話をします。自動売買システムとは、条件さえ指定してしまえば、その条件に沿って勝手にトレードを行っていく仕組みになります。専業でない限りは画面にずっと張り付いてられませんよね。そうなった時に役立つのが機械に任せた自動売買になるということです。

 

FXブロードネットではこの自動売買システムを、自動リピート型注文トラッキングトレードと呼んでいるので覚えておきましょう。


ラッキングトレードで利益が出る仕組みとは?

それではこの自動リピート型注文トラッキングトレードはどのような仕組みで動いているのか見ていきましょう。為替レートというのはご存知の通り、上げ下げを繰り返しジグザグに動いておりますよね。これはどのような通貨でも見られる特有の動きで、ある一定のリズムがあるのです。

 

そのリズムというのはトレンド(上昇・下降・横ばい)として現れてきます。このトレンドというのは、FXではよく使うので覚えておきましょう。ではトラッキングトレードは、そのような為替レートの中でどのように売買するのでしょうか。それは、安く買って、高く売る、高く売って、安く買い戻す注文(IFDO)を複数発注し、自動的に繰り返す注文方法を行い続けることなのです。つまり、上げ下げが起これば起こるほど、利益を積み上げていくというシステムなのです。


ラッキングトレードのメリットとは?

ラッキングトレードのメリットとしては、先ほどもお話をしましたが、全て機械が自動で行ってくれるので、普段メインになる仕事を抱えている人でもその時間トレードを行えることなのです。まさにFXトレードを副業として考えている人にはもってこいの、取引システムとなっているわけです。


FXブロードネット ブロードライトコースの取引概要について

取引時間は?

さて最後の項目となりましたが、ここからはFXブロードネットのブロードライトコースにおける取引概要をお話ししていきます。まず初めに肝心な取引可能時間をお話ししていきます。

 

取引可能時間は、米国標準時間(冬時間)では月曜日の午前7:00から土曜日の午前6:55までとなっております。それ以外の時間では取引が行えませんので気をつけましょう。続いて米国サマータイム(夏時間)では、月曜日の午前7:00から土曜日の午前5:55が取引可能時間となります。


メンテナンス時間について

上記では取引を行える時間がお伝えしましたが、取引可能時間であっても取引が行えなくなる時間帯があります。それは各FX業者が独自に設定している時間帯のメンテナンス時間になります。このメンテナンス時間は、FXブロードネットでは米国標準時間(冬時間)、 火曜日から金曜日の午前6:55から午前7:05、土曜日午前6:55から正午となります。国サマータイム(夏時間)では、火曜日から金曜日の午前5:55から午前6:05、土曜日午前5:55から正午となりますので覚えておきましょう。


取引通貨ペアは?

続いて実際に取引を行うことができる通貨ペアについてお話いたします。なんと鳥暑いができる通貨ぺは、24通貨ペアにもなります。ほぼ主要な通貨ペアは抑えているので、まず通貨選びに苦労をすることはないでしょう。通貨ぺはは、米ドル/円 ユーロ/豪ドル 英ポンド/豪ドルユーロ/円 ユーロ/カナダドル 英ポンド/スイスフラン 英ポンド/円 ユーロ/スイスフラン 英ポンド/NZドル 豪ドル/円 ユーロ/英ポンド 英ポンド/米ドル NZドル/円 ユーロ/NZドル 豪ドル/スイスフラン カナダドル/円 ユーロ/米ドル 豪ドル/NZドル スイスフラン/円 NZドル/米ドル 豪ドル/米ドル 米ドル/カナダドル 米ドル/スイスフラン 南アフリカランド/円となります。


取引単位について

取引通貨単位に関しては先ほども少しお話をさせていただきましたが、なんと1,000通貨から取引を行うことができるのです。つまり少額からでもお試しにトレードができたり、実際に練習として使われる方も多くおります。また、リスクがそれほどないので、リスクを嫌う方でも手軽に始めることができるのが魅力ですね。

 

1注文あたりの最大取引数量は?

あまりきにしなくてもいい話ですが、最大でどれくらいの量を取引できるのかも触れていきます。1,000通貨を1ロットとした時、最大で取引を行えるロット数は300ロットとなります。なかなかここまで行う人はいないとは思いますが、300ロットまでしか一度に取引はできないことを覚えておきましょう。


取引証拠金について

ポジションを持つにはそれ相応の取引証拠金というのが必要になります。FXブロードネットでは、通貨ペアごとに必要な取引証拠金というのは変わってきますが、算出方法としては
[値洗いレート]×[1ロットあたり数量]÷[コース最大レバレッジ]となりますのでこれも覚えておきましょう。


注文機能について

取引をいざ行おうという時に、どのような取引方法があるのかわからないとまずいですよね。FXブロードネットではその取引方法は、成行注文(クイックトレード)・指値・逆指値・IFD・OCO・IFDO ・トレール・トラッキングトレードとしております。もしあなたがFXに関して初心者であるのであれば、まず初めにクイックトレードから始めてみましょう。クイックトレードで取引のコツを掴めなければ、他の取引方法を行なってもうまくいかないので注意しておきましょう。


証拠金判定による強制決済について

証拠金判定にも触れておかなければならないでしょう。証拠金判定とは、持っているポジションがある一定の含み損を出してしまうと起こることで、先ほど触れた取引証拠金をある水準割ってしまうと、強制決済されてしまう制度になります。強制決済とは文字どおり含み損があっても、強制的に決済をされてしまう制度なのです。下記にコース毎の証拠金判定ラインを記載しておきますので、確認しておきましょう。

・ブロード20(ブロード20ライト)コース    取引証拠金の80%の額
・ブロード25(ブロード25ライト)コース    取引証拠金の100%の額


レバレッジは最大いくらまで?

取引をおこなう際にレバレッジをかけれるかどうかは非常に重要になります。FXブロードネットではこのレバレッジを最大で25倍までかけることができます。これは国内におけるレバレッジの最大倍率で、うまく利用をできればかなりの利益を上げることができるようになります。


ロスカットについて

強制決済とは別にロスカットについてもお話ししていきます。ロスカットとは先ほどお話をした証拠金の維持率がある一定を下回ったら、その段階で強制決済する仕組みなります。もう本当に問答無用です。これはコースによって変わってくるので、しっかりと確認をしておきましょう。

・ブロード20(ブロード20ライト)コース 8%
・ブロード25(ブロード25ライト)コース 20%
・ブロード25MC(ブロード25ライトMC)コース 20%
・ブロード25S(ブロード25ライトS)コース 100%

 

スワップポイントについて

中期や長期トレードをする方については、スワップポイントを目的とした運用がほとんどだと思います。FXブロードネットではスワップポイントを公開しており、運用の目安にしやすいFX業者といえます。是非とも一度確認をしてみてください。


入出金サービスについて

入出金については、クイック入金とマッチング入金があります。クイック入金は、24時間入金可能な方法となります。リアルタイムに反映をされるのが魅力ですね。しかもなんと振込手数料まで、業者が持ってくれるのでこれを使わない理由はありませんね。


マッチング入金に関しては、振込日翌営業日に反映されるので、クイック入金と違いタイムラグがあります。しかもこちら振込手数料は自分持ちになってしまうので覚えておきましょう。

 

口座管理料は?

口座の管理については、当然ではありますが、全て無料で行うことができます。口座開設から、振り込んだお金の管理まで全てFXブロードネットが行なってくれるので、全く気にすることはありません。


カバー取引先は?

最後にカバー先についてお話をします。カバー先というのは、FX業者はあくまで仲介業者のためどこかの銀行と取引を行なっております。その銀行のことをカバー先というのです。そのカバー先一覧が下記のようになります。

バークレイズ銀行 (銀行業:イギリス金融庁

・株式会社三井住友銀行(銀行業:監督当局/日本国金融庁
ドイツ銀行ロンドン支店(銀行業:ドイツ連邦金融監督庁)

OCBC証券(証券業:シンガポール通貨庁)

・サクソバンク/SAXO Bank A/S(銀行業:デンマーク金融庁

・株式会社アイネット証券金融商品取引業

・株式会社外為オンライン金融商品取引業

・株式会社ライブスター証券金融商品取引業